千載一遇(読み)せんざいいちぐう

四字熟語を知る辞典「千載一遇」の解説

千載一遇

千年にたった一度しかめぐりあえないようなすばらしい状態。また、そういう機会

[使用例] 迷亭、寒月ないし東風などという広い東京にさえあまり例のない一騎当千の豪傑連の挙止動作を寝ながら拝見するのは吾輩にとって千載一遇の光栄である[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

[使用例] 柳原は入局六年で早くも千載一チャンス到来というわけだ[山崎豊子白い巨塔|1965]

[解説] 「載」は「年」の意味。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

デジタル大辞泉「千載一遇」の解説

せんざい‐いちぐう【千載一遇】

《袁宏「三国名臣序賛」から》千年に一度しかめぐりあえないほどまれな会。「千載一遇好機
[類語]時機機会チャンス好機時節頃合い頃おいときおり機運潮時しおどき潮合い時宜機宜好期適期時分時分時商機勝機戦機タイミング

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android