コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

刑部親王 おさかべしんのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

刑部親王
おさかべしんのう

[生]?
[没]慶雲2(705).5.7.
天武天皇の皇子。忍壁親王とも書く。母はかじ媛娘 (かじひめのいらつめ) 。壬申の乱には天武天皇に従って行動した。天武9 (680) 年,天皇の命により『帝紀』の編纂にあたり,文武天皇の詔により藤原不比等と『大宝律令』の編纂に従事した。大宝3 (703) 年知太政官事の官について政務にあたり,慶雲2 (705) 年には越前国の地 100町を授けられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

刑部親王【おさかべしんのう】

忍壁(おさかべ)皇子などともいう。天武天皇の第9皇子。681年天皇の命で帝紀の編集に当たる。700年には文武天皇の命を受け藤原不比等(ふひと)らとともに大宝(たいほう)律令の編集を行い,翌年完成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おさかべしんのう【刑部親王】

?‐705(慶雲2)
天武天皇の第9皇子。母は宍人大麻呂の女媛(かじひめ)。忍壁皇子などともいい,忍坂部とも書く。大宝律令の制定と施行に従事した。672年(天武1)壬申の乱に草壁皇子とともに近江大津宮を脱出,吉野から東行中の天武天皇に合流。674年石上(いそのかみ)神宮に遣わされ,神宝の武器をみがく。679年皇后(持統),草壁皇子,大津皇子ら6人と天武天皇に忠誠を誓う。681年詔を受け,川島皇子らと帝紀および上古諸事を記定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

刑部親王
おさかべしんのう
(?―705)

天武(てんむ)天皇の皇子。忍壁とも書く。母は完人臣(ししひとのおみ)大麻呂の女(むすめ)(かじひめ)。672年(天武天皇1)壬申(じんしん)の乱には父とともに東国へ赴く。674年天皇の命で石上(いそのかみ)神宮の神宝を膏油(こうゆ)で磨いた。679年天皇、皇后と刑部ら6皇子が吉野宮で勅に従い逆らうことなきを互いに誓い合った。681年詔を奉じ「帝紀及び上古諸事」の記定に参加した。これは記紀編集の初めといわれる。大宝律令(りつりょう)の編集には筆頭の編纂(へんさん)者として参与し、持統(じとう)上皇が703年(大宝3)崩御すると知太政官事(ちだいじょうかんじ)として、国政を総理した。[横田健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の刑部親王の言及

【知太政官事】より

…8世紀前半期におかれた令外官。大宝令施行直後の703年(大宝3)に刑部(おさかべ)親王が任ぜられ,以後穂積(ほづみ)親王,舎人(とねり)親王をへて745年(天平17)に鈴鹿(すずか)王が没するまで,断続的に存在した。その職掌また令制官職・位階との相当関係も定かではなく,左右大臣等との関連も明らかではない。…

※「刑部親王」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

刑部親王の関連キーワード坂合部唐舎人親王忍壁親王調老人居酒屋薩弘恪

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android