コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北檜山[町] きたひやま

百科事典マイペディアの解説

北檜山[町]【きたひやま】

北海道瀬棚(せたな)郡,渡島(おしま)半島西岸の旧町。利別(としべつ)川下流の東瀬棚と松前藩時代からの古い漁村の太櫓(ふとろ)が主要集落。米,ジャガイモ,牛乳などを産する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きたひやま【北檜山[町]】

北海道南西部,檜山支庁瀬棚郡の町。渡島(おしま)半島北部にあり,日本海に面する。1955年東瀬棚町と太櫓村が合体,改称。人口6650(1995)。旧太櫓村には松前藩時代に〈場所(漁場)〉と運上屋がおかれ,場所請制がしかれていた。内陸部は明治に入ってから開拓され,農地化が進められた。農業就業者が全就業者の33%(1990)を占めて最も多く,サービス業の就業者がこれに次ぐ。太櫓川,後志利別((しりべしとしべつ))川流域に水田が開け,水稲,ジャガイモ,テンサイの生産が多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android