コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

十三湊遺跡 トサミナトイセキ

デジタル大辞泉の解説

とさみなと‐いせき〔‐ヰセキ〕【十三湊遺跡】

青森県五所川原市市浦地区にある中世の港町の遺跡。町並みや館の遺構が確認され、中国・高麗製のものを含む大量の陶磁器などを出土した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

国指定史跡ガイドの解説

とさみなといせき【十三湊遺跡】


青森県五所川原市十三にある港湾を中心とする中世都市遺跡。13世紀初頭から15世紀後半に発展・繁栄した。津軽半島の日本海側ほぼ中央、十三湖(じゅうさんこ)の西岸に位置する。中世、北日本海交通の重要港として繁栄し、『廻船式目』には三津七湊の一つ「奥州津軽十三湊」として記述されている。津軽の豪族である安藤(安東)氏が拠点を置いて栄えたが、南北朝期に津波で壊滅したという伝承が残り、長く幻の港町とされてきた。1991年(平成3年)以降、国立歴史民俗博物館、当時の市浦(しうら)村および青森県教育委員会によって組織的な発掘調査が行われて、遺跡の概要が判明した。現在の十三湖は日本海に直接開けているが、かつては砂州をはさみ、そこにある水路で日本海とつながっていた。遺跡はその砂州の先端部、南北約2km、東西最大500mの範囲に広がっている。中心の地区は空堀をともなう東西方向の大きな土塁で南北に分けられている。土塁の北側は領主やその関係者などが住んだと考えられ、掘立柱建物、井戸、鍛冶・製銅の工房などの遺構が分布する。中国製の陶磁器や東北地方では珍しい京都系のかわらけも出土している。土塁の南側は、町屋があったと考えられている。側溝を備えた南北道路とその両側には掘立柱建物と井戸のある区画が広がり、墓跡や畑もあった。約300m南側には伝檀林寺跡もある。2005年(平成17)、国指定史跡となった。JR五能線五所川原駅から弘南バス「十三」下車、徒歩約5分。

出典|講談社国指定史跡ガイドについて | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

十三湊遺跡の関連情報