コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

印西[市] いんざい

世界大百科事典 第2版の解説

いんざい【印西[市]】

千葉県北西部の市。1954年木下(きおろし)町,大森町などが合体,印西町となり,1996年市制。人口5万7667(1995)。利根川南岸にあり,市域下総台地上に広がる。中世はこの地に印西荘があり,近世には木下河岸が利根川水運の要衝として栄えた。木下河岸は銚子往還の中継所で,銚子とは船で連絡し,江戸とは陸路で結ばれた。寛文年間(1661‐73)には問屋場が設けられ,近世後期には年平均4000艘の船が出入りしたといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

印西[市]の関連キーワード下総台地

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android