コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

即時強制 そくじきょうせい

5件 の用語解説(即時強制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

即時強制
そくじきょうせい

行政法上の義務の賦課を前提としないで,行政機関がただちに国民の身体または財産に実力を加えて行政上必要な状態を実現する作用。義務を命じる余裕のない場合または義務を命じることによっては目的を達しがたい場合に,法律の根拠に基づいて行うことができる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

そくじ‐きょうせい〔‐キヤウセイ〕【即時強制】

行政機関が国民の身体や財産に対して直接実力を行使して、行政上必要な状態を実現する作用。急迫の障害を除く必要上、やむをえない場合に限って法令で認めているもの。感染症患者の強制入院など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そくじきょうせい【即時強制】

国民にあらかじめその履行すべき義務を課することなく,行政機関がただちに国民の身体や財産に実力を加えて行政上必要な状態を実現する作用を,行政法学上,即時強制と呼ぶ。ドイツ行政法学上のsofortiger Zwangの訳。国民にあらかじめその履行すべき義務を課し,その不履行の場合に,行政機関が独自の強制手段を用いて義務内容の実現を図る作用を,行政上の強制執行と呼び,即時強制と区別するが,両者を総称して行政強制という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そくじきょうせい【即時強制】

急迫の障害を除き、行政上必要な状態を実現するため、国民にあらかじめ義務の履行を命ずることなく、行政機関がただちに国民の身体や財産に実力を加える作用。泥酔者の保護など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

即時強制
そくじきょうせい

行政機関が直接に国民の身体または財産に実力を加えて行政上必要な状態を実現する作用をいう。行政強制の一種。目前急迫の障害を除く必要上あらかじめ義務を命ずる余裕のない場合、または義務を命ずることによっては目的を達しがたい場合になされる。たとえば警察官職務執行法の定める質問・保護・避難などの措置、犯罪の予防および制止、立入り、武器の使用などがあり、そのほか健康診断予防接種の強制、風俗営業などの営業所などへの立入検査食品衛生法における見本品の無償収去、火災の際の土地の使用など、即時強制を認める各種の法律の規定がある。ただし最近は、立入検査は拒否された場合拒否した者を処罰するのみで、その意に反して立ち入ることができるものではないとして、これを即時強制でなく、単なる行政調査と説明する傾向にある。[阿部泰隆]

行政強制

行政強制とは、行政上の目的を達成するために行政機関が人の身体または財産に実力を加え、もって行政上必要な状態を実現する作用をいう。行政上の強制執行と、即時強制に分けられる。前者は、あらかじめ義務を命じ、その不履行を強制するためになされるものであり、後者は前述したとおりである。いずれも強制手段であるから、法律の根拠を必要とする。もともとドイツ系諸国では行政機関自身に強制権を認め、わが国旧憲法時代は行政強制を広く認めていたが、英米系諸国では行政機関も強制手段を用いるには司法権の介入を要するという司法的執行の原則を採用している。今日のわが国では、旧憲法時代の行政強制のうち、おもに代執行のみを認めて、直接強制や執行罰を廃止し、即時強制が認められる場合を厳重に制限するなどして、行政強制による人権侵害の防止に配慮している。[阿部泰隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

即時強制の関連キーワード執行罰届出制非債弁済予め課する中立義務賠償義務結果回避義務約定履行費用保険担保権

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

即時強制の関連情報