却下[裁判](読み)きゃっか[さいばん]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「却下[裁判]」の解説

却下[裁判]
きゃっか[さいばん]

民事訴訟において,訴訟のための手続的要件が具備されていないことを理由に,訴えを不適法として,訴えの内容についての判断 (本案審理) をせずに,いわば門前払いをすること。訴えの内容にまで立ち入って審理した結果,その請求を退ける場合は,一般に棄却という。この棄却の裁判を本案判決という。逆にその請求を認めることを認容という。これに対し,刑事訴訟においては,一般に公訴を不適法として門前払いする場合が棄却で,却下は訴訟上の申し立てを理由なし,または不適法として排斥することをいう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android