コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼売 よびうり

1件 の用語解説(呼売の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

よびうり【呼売】

高声で呼ばわりながら商品を売り歩くこと。
ヨーロッパ
 ヨーロッパの主要都市では,中世から路上で独特の売声を響かせて,少量の品物を肩から掛け,あるいは小さな荷車にのせて売り歩く細民が,庶民の生活に欠かせない存在になっていた。しだいにその姿が路上から消え始めるのは19世紀後半になってである。 庶民の日常生活に必要なあらゆるものが売られたが,とくに野菜,果物,魚,バターチーズなどの食料品に酢や香辛料,次いで日用雑貨の商売が盛んであった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呼売の関連キーワード薬売り牛王売り旅商い中売り呼ばわり呼ばわる売歩く売子売回る振売り

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呼売の関連情報