コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐冠 トウカムリ

世界大百科事典 第2版の解説

とうかんむり【唐冠】

舞楽および能のかぶり物。後方が前方より高く,纓(えい)が左右に張った古代中国の冠を模したもの。巾子(こじ)(髷(まげ)の入る部分)が大きく,舞楽の唐冠は左右に大きく張り出した平纓(ひらえい)が特色で,能の唐冠は左右に張り出した朴葉型の翼が特色。舞楽では《新靺鞨(しんまか)》や《蘇莫者(そまくしや)》の太子,《胡徳楽(ことくらく)》の勧盃に用いる。能では中国人,荒神,鬼神などの役がかぶり,《皇帝》《咸陽宮(かんにようきゆう)》《鵜飼》《嵐山(あらしやま)》《賀茂》などのシテ,《東方朔》《張良》などのワキに用いる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とうかむり【唐冠】

近世の兜かぶとの一。左右に纓えいを二本ずつ飾りつけたもの。とうかん。とうかんむり。
海産の巻貝。殻高35センチメートル、殻径25センチメートル 内外の大形の貝。倒円錐形で殻は厚い。殻口は縦に長く、周縁が平らに広がる。紀伊半島以南の暖海に広く分布し、浅海にすむ。

とうかん【唐冠】

とうかんむり【唐冠】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐冠 (トウカムリ)

動物。トウカムリガイ科の巻き貝。トウカムリガイの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

唐冠の関連キーワードかぶと暖海巻貝周縁浅海海産