コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報復[国際関係] ほうふく[こくさいかんけい]rétorsion de droit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報復[国際関係]
ほうふく[こくさいかんけい]
rétorsion de droit

他国が自国に対し,国際法には反しないが,国際間の友誼礼譲に反する不当な措置によって不利益を与えた場合,これと同程度の行為をもって報いること。あらかじめ条約によってそういう行為を禁止されていないかぎり国際法上は合法である。具体的な手段としては,通商,移民の制限,関税の引上げ,在留する相手国国民に対する不利益な待遇,船舶の入港拒否などがある。報復という言葉はよく復仇 retaliationと混同されるが,復仇は相手国側の国際法違反行為に対して,それと同程度の,本来ならば違法行為をもって報いるもので,報復とは区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android