報復[国際関係](読み)ほうふく[こくさいかんけい](英語表記)rétorsion de droit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

報復[国際関係]
ほうふく[こくさいかんけい]
rétorsion de droit

他国が自国に対し,国際法には反しないが,国際間の友誼礼譲に反する不当な措置によって不利益を与えた場合,これと同程度の行為をもって報いること。あらかじめ条約によってそういう行為を禁止されていないかぎり国際法上は合法である。具体的な手段としては,通商,移民の制限,関税の引上げ,在留する相手国国民に対する不利益な待遇,船舶の入港拒否などがある。報復という言葉はよく復仇 retaliationと混同されるが,復仇は相手国側の国際法違反行為に対して,それと同程度の,本来ならば違法行為をもって報いるもので,報復とは区別される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android