コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大垣[市] おおがき

百科事典マイペディアの解説

大垣[市]【おおがき】

岐阜県南西部の市。1918年市制。濃尾平野の北西部を占め,東部を揖斐(いび)川が南流し,市域には堤防で囲まれた水防共同体輪中がみられる。中心市街は城下町,美濃路の宿場町揖斐川河港として発達。鉄道交通の要衝で,東海道本線が通じ,樽見(たるみ)鉄道,養老鉄道が分岐。南部には,名神高速道路インターチェンジがあり,東海環状自動車道が分岐。大正初期から工業都市として急速に発展,繊維,窯業,電気機器などの工業が盛んで,製造品出荷額で4720億円(2003)を上げ,県内2位を占める。宅地化,工業地化が進んで農地,農業人口の減少は著しく,都市型農業への転換が進められている。2006年3月養老郡上石津町,安八郡墨俣町を編入。206.57km2。16万1160人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおがき【大垣[市]】

岐阜県の南西部にある市。1918年市制,67年赤坂町を編入。人口14万9759(1995)。揖斐(いび)川扇状地の末端部,標高10m以下の輪中地帯の北端にある。戦国時代に築城された大垣城は戦略上重要な地点であったため争奪戦が繰り返され,関ヶ原の戦の際の籠城は《おあむ物語》に詳しい。1635年(寛永12)譜代大名戸田氏10万石が封ぜられてから幕末まで続いた城下町であり,美濃路の宿場,桑名方面に水門川の舟運が通じる物資の集散地であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大垣[市]の関連キーワード牧野省三ドイツ革命ハート(William S. Hart)第1次世界大戦アゼルバイジャン共和国米騒動デミル(Cecil Blount De Mille)フォード(John Ford(1895―1973))第1次世界大戦芥川龍之介

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android