コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大学の自治 だいがくのじち

6件 の用語解説(大学の自治の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大学の自治
だいがくのじち

大学の組織,管理,教学などの問題について,外部からの干渉,圧迫を受けずに,大学構成員自身の合議で意志決定を行い処理,運営すること。中世,世俗権力からの大学の独立のための保護に胚胎するが,今日では学問,思想にかかわる近代的自由権保障の主たる現実的条件となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいがく‐の‐じち【大学の自治】

大学が国家権力その他種々の外的干渉を受けずに、自主的に学問研究・教育に関する諸事項を決定・遂行する権利を有すること。→学問の自由

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大学の自治【だいがくのじち】

近代大学を特色づける,大学における教育と研究の国家権力からの自由の理念,またこれに結びついて形成された,社会的に承認されたその内部慣行。時代,国,大学の種類により若干の違いはあるが,その本体は,学問の自由にかかわり,学部の自治とりわけ学部教授会の自治,もしくはこれを最低条件として含むものとされる。
→関連項目国立大学法人ポポロ事件

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

だいがくのじち【大学の自治】

大学が,政治的な統制,行政的な干渉,社会的な圧力を排して,研究・教育にかかわる自律的な権限をもつこと。今日,世界的に認められている大学の自治権の内容には,(1)教員の人事に関する推薦・選任・免職等の諸権限,(2)学長・学部長等内部管理者の選任権,(3)学則・内規等内部規程の制定権,(4)教育課程カリキュラムの編成権,(5)学位取得資格の認定権と授与権,(6)施設の管理権,(7)入学者の選定権,卒業認定権などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

だいがくのじち【大学の自治】

大学が学外の機関や政治勢力からの干渉を受けずに、教育・研究に関する事項を自主的に管理・運営するという原則。 → 学問の自由

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大学の自治
だいがくのじち

大学が、国家権力や社会権力など各種の外部勢力の圧力や干渉を排して、研究と教育を自主的・自律的に決定し遂行することをいう。ただ、この概念は優れて歴史的に形成されてきたもので(その歴史は中世ヨーロッパの大学にさかのぼる)、したがって、その内容はかならずしも既定ではなく、時代や国によって大きく異なる。日本においては、明治憲法下では、「大学の自治」に関する明文上の保障はなかった。しかし日本国憲法は「学問の自由は、これを保障する」(23条)と規定し、その理念と趣旨に基づいて、「大学の自治」は、直接、憲法的保障を受けていると解されている。また具体的には、学校教育法が教授会の必置原則を定めると同時に、これに対して重要意思決定権を保障し(93条1項)、さらに国立大学法人法も国に対して国立大学における「教育研究の特性への配慮」義務を課している。「大学の自治」の内容としては、今日、一般に次のような事項が含まれているとされる。(1)教官の人事に関する推薦・任命・免職権、(2)学則や各種の規程定立権、(3)学長・学部長等の選出権、(4)教育内容・方法・対象の自主決定権、(5)学位資格の認定・授与権、(6)大学施設の管理権、(7)財政自主権。ただ、これらに関する自治の強度は一様ではなく、また私立大学の場合は「私学の自由」の法的保障と相まって、そこにおける自治の内容や強度は国公立大学のそれとはやや異なる。「大学の自治」の主体については、1960年代後半のいわゆる大学紛争で、旧来の教授会自治が激しく批判され、学生参加が強く要求された。しかしその後若干の変革をみたものの、制度的にはその構造にほとんど変化はみられない。なお、高等教育の大衆化や科学の大型化時代を迎え、また国立大学の法人化や大学に対する認証評価制度の導入(2004年)などとも相まって、「大学の自治」はまた新たな課題に当面しているといえる。[結城 忠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の大学の自治の言及

【大学】より

…このような変化の背後には,近代における国民国家の成立と資本主義の発展がある。大学は教会権力から国家権力のもとへ徐々に移行し,大学の自治・自由の問題も中世時代とは異なる形で問われるようになった。 一方,社会主義国家でも大学は独自の発達を遂げた。…

※「大学の自治」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大学の自治の関連キーワード王権婦人問題ミリューチン政治的ポリティクスシュテュッケルベルク振動トランスキー法公務員の政治的行為独立行政法人化行政的裁判所

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大学の自治の関連情報