コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大山崎[町] おおやまざき

百科事典マイペディアの解説

大山崎[町]【おおやまざき】

京都府南部,乙訓(おとくに)郡の町。桂川宇治川木津川が合流する低湿地を占め,天王山があり,京都盆地門戸として軍事・交通・商業上の要衝をなし,山崎の戦の戦場となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおやまざき【大山崎[町]】

京都府南部,乙訓(おとくに)郡の町。人口1万5879(1995)。淀川が京都盆地から大阪平野に出る狭さく部に位置し,西部に天王山(270m)がそびえる。古くからの交通・軍事の要地で,古代には山崎駅が設けられ,山崎津は長岡京平安京外港として栄えた。室町時代は灯油を中心に商業活動を行う大山崎神人(じにん)の最盛期で,その活躍が目だった(大山崎油座)。1582年(天正10)には豊臣秀吉明智光秀が戦った山崎の戦の舞台となり,大坂城が築城されるまで秀吉の本拠となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大山崎[町]の関連キーワード桂川(京都)妙喜庵油売

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android