コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天寿国繡帳 てんじゅこくしゅうちょう

世界大百科事典 第2版の解説

てんじゅこくしゅうちょう【天寿国繡帳】

飛鳥時代の刺繡作品で,《天寿国曼荼羅》ともいう。聖徳太子の没後,太子をしのんで,妃の橘大郎女たちばなのおおいらつめ)が太子の往生した天寿国のありさまを下絵に描かせ,采女(うねめ)らに刺繡させたもの。当初は薄く透ける羅地に刺繡された大きな2帳で,仏堂にかけられたと思われる。鎌倉時代中ごろ,中宮寺の再興者である尼信如によって法隆寺綱封蔵から発見されて以来中宮寺に伝わる。現在はわずかな断片が鎌倉時代の新繡帳断片と混じって台裂に貼り合わされているが,原繡帳断片はいまだに色鮮やかである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の天寿国繡帳の言及

【飛鳥美術】より

…止利様式の作品としては法隆寺大宝蔵殿の銅造釈迦如来および脇侍像(628年銘),法隆寺献納宝物の銅造如来座像(145号),同如来立像(149号,ともに東京国立博物館)がある。また中宮寺《天寿国繡帳》は太子崩後622年,妃の橘大郎女が発願し,采女らに刺繡させたもので,今わずかに残る断片からも六朝風の作風がうかがわれる。画師も東漢末賢(やまとのあやまけん),高麗加西溢(こまのかせい),漢奴加己利(あやのぬかこり)など,漢系・高句麗系画師の名がみられる。…

【刺繡】より

…繡技も複雑に展開,写生的な視覚が中心となり,鮮麗な色彩とともに引き締まった鋭さを示す。
【日本】
 現存する最古の例は《天寿国繡帳》(622,中宮寺ほか)で,橘大郎女(たちばなのおおいらつめ)が亡き夫,聖徳太子を追慕して采女(うねめ)たちとともに作製したもの。専門家によるものではないが,すでに和様ともいうべき柔らかな糸遣いが見られる。…

【染色】より

… 一方,仏教の隆昌に伴って寺院の荘厳(しようごん)に染織品も利用されるようになり,刺繡(ししゆう)で仏像や仏の世界を表すことも行われた。622年(推古30)の《天寿国繡帳》はその一例で,わずかな断片として現存するにすぎないが,色糸の色相は淡黄,濃黄,真紅,淡緑,淡縹,紫,黒,白などを中心に10色以上に及んでいる。配色法も同系色の濃淡で表す繧繝(うんげん)調を応用し,また図形を鮮明にするために輪郭線を強い色彩の別色で繡(ぬ)い,効果的な表現をとるなど,その技術はかなり高いといえる。…

※「天寿国繡帳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

天寿国繡帳の関連キーワード上宮聖徳法王帝説飛鳥時代繡仏

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android