コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

天瀬[町] あまがせ

百科事典マイペディアの解説

天瀬[町]【あまがせ】

大分県西部,日田郡の旧町。大部分山地で玖珠(くす)川流域に低地があり,水田が開ける。肉牛を飼育,木材,野菜,果樹を産する。川沿いに久大本線が通じ,天ヶ瀬駅付近には天ヶ瀬温泉(単純泉,80〜100℃)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あまがせ【天瀬[町]】

大分県西部,日田郡の町。人口7247(1995)。北は日田市,南は熊本県小国町に接する。町の中央部を玖珠川が西流し,川に沿って久大本線が走る。玖珠川沿岸の米作のほか,町域の大部分を占める山地では林業をはじめ,畜産,養蚕,果樹栽培が行われる。南部の五馬高原ではダイコンの栽培が盛ん。玖珠川流域には天ヶ瀬温泉(単純泉,80~100℃),湯ノ釣温泉(単純泉,45~59℃),慈恩の滝がある。【萩原 毅】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone