コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安徽[省] あんき

百科事典マイペディアの解説

安徽[省]【あんき】

中国中部の内陸部にあり,長江淮河(わいが)流域一帯を占める省。簡称は皖(かん)。省都合肥。省内は交通至便で,長江・淮河の水運のほか,京滬(けいこ)(北京〜上海),淮南(蚌埠(ぼうふ)〜裕渓口),【すい】阜(すいふ)(徐州〜阜陽),寧銅(南京〜銅陵)などの鉄路があり,道路も発達する。
→関連項目安徽南部の古村落黄山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんき【安徽[省] Ān huī shěng】

中国,華中平野の中央に位置する省。面積約14万km2。人口6070万(1996)。6地区,10直轄市から成り,省都は合肥。省域は淮河(わいが),長江(揚子江)の中下流域にまたがる。東は江蘇,南は浙江・江西,西は湖北・河南,北は山東の各省と接する。略称は皖。
[自然]
 南西の湖北省との境には大別山地があり,それより派出する霍山(かくざん)が北東に低く延び断続的につづく丘陵群(江淮丘陵)を形成する。山地より丘陵に移行する南側は陥没地となり,中央に巣湖(面積820km2)がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

安徽[省]の関連キーワードアンホイ揚子江河南浙江山東江蘇江西各省

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android