安徽[省](読み)あんき

百科事典マイペディアの解説

安徽[省]【あんき】

中国中部の内陸部にあり,長江淮河(わいが)流域一帯を占める省。簡称は皖(かん)。省都合肥。省内は交通至便で,長江・淮河の水運のほか,京滬(けいこ)(北京〜上海),淮南(蚌埠(ぼうふ)〜裕渓口),【すい】阜(すいふ)(徐州〜阜陽),寧銅(南京〜銅陵)などの鉄路があり,道路も発達する。南部には1000m以下の丘陵地帯が広がり,北部は広大な沃野(よくや)をなす。特に淮河治水工事が進んでからは農業生産が向上し,小麦,大豆,米,茶,タバコ,綿花などを産する。畜産,林産も豊富。鉱産は本省の重要資源で石炭,鉄,銅,ミョウバンを産する。東部の馬鞍山市の馬鞍山鋼鉄公司は,江南地方の新興鉄鋼工業基地となっている。南部に山水画を思わせる,中国有数の景勝地黄山がある。伝統工業が盛んで,紙,墨,竹器,紙傘(かさ),陶磁器などの生産が多い。安徽商人(新安商人)の出身地としても名高い。13万9800km2。6912万人(2014)。
→関連項目安徽南部の古村落黄山

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あんき【安徽[省] Ān huī shěng】

中国,華中平野の中央に位置する省。面積約14万km2。人口6070万(1996)。6地区,10直轄市から成り,省都は合肥。省域は淮河(わいが),長江(揚子江)の中下流域にまたがる。東は江蘇,南は浙江・江西,西は湖北・河南,北は山東の各省と接する。略称は皖。
[自然]
 南西の湖北省との境には大別山地があり,それより派出する霍山(かくざん)が北東に低く延び断続的につづく丘陵群(江淮丘陵)を形成する。山地より丘陵に移行する南側は陥没地となり,中央に巣湖(面積820km2)がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android