コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宿・宿駅 しゅく・しゅくえき

1件 の用語解説(宿・宿駅の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

宿・宿駅【しゅく・しゅくえき】

旅客の宿泊施設や荷物輸送の人馬を備えた所で,古くから交通の要衝に設けられた。平安時代後期,律令制の崩壊に伴って駅伝(えきでん)制が崩れると,駅に代わって旅宿・運輸業者を調えた宿が発達していった。
→関連項目江口街道清水坂株河駅雲助児玉幸多

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

宿・宿駅の関連キーワード海運宿駅宿場海の家託送手荷物チッキモーテル旅客機運送業県内を訪れる観光客

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone