コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士見[市] ふじみ

百科事典マイペディアの解説

富士見[市]【ふじみ】

埼玉県南部の市。1972年市制。武蔵野台地北東部から荒川西岸の低地にまたがる。江戸時代には新河岸川舟運の拠点で,大正初期まで舟運は続けられた。かつては米作を主とする純農村であったが,東武東上線が通じ,1957年に公団鶴瀬団地が建設されたのを機に,東京への通勤住宅地として急速に発展した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ふじみ【富士見[市]】

埼玉県南部の市。1956年鶴瀬・南畑(なんばた)・水谷の3村が合体して富士見村となり,64年町制,72年市制。人口9万6972(1995)。西部は武蔵野台地,東部は荒川沿いの低地からなり,中央部を新河岸(しんがし)川が流れる。1914年東上鉄道(現,東武東上線)が開通,鶴瀬駅も開業した。第2次大戦のころまでは米作を中心とする純農村であったが,首都30km圏に位置するため,1957年に日本住宅公団の鶴瀬第一団地が造成されてから急速に住宅開発が進められ,65‐90年に人口は約4倍に激増した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

富士見[市]の関連キーワード新藤兼人[各個指定]芸能部門田中角栄内閣中原佑介堀内恒夫ヨルゲンセンシェンク磯田光一エクリチュール東映(株)

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android