到底(読み)トウテイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐てい〔タウ‐〕【到底】

[副]
(あとに打消しの語を伴って)どうやってみても。どうしても。「到底相手にならない」「到底できない」
つまるところ。つまり。
「―人間として、生存する為には」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうてい【到底】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。どんなにしても。どうしても。しょせん。 「 -成功しない」 「 -助からない」
つまるところ。結局。ついに。 「ええ、-辞職もんでせう/それから 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

到底の関連情報