コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

到底 トウテイ

デジタル大辞泉の解説

とう‐てい〔タウ‐〕【到底】

[副]
(あとに打消しの語を伴って)どうやってみても。どうしても。「到底相手にならない」「到底できない」
つまるところ。つまり。
「―人間として、生存する為には」〈漱石それから

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とうてい【到底】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。どんなにしても。どうしても。しょせん。 「 -成功しない」 「 -助からない」
つまるところ。結局。ついに。 「ええ、-辞職もんでせう/それから 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

到底の関連キーワード鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨丁・亭・低・体・停・偵・剃・呈・啼・堤・定・帝・底・庭・廷・弟・悌・抵・挺・提・梯・汀・涕・程・綴・締・艇・訂・諦・貞・蹄・逓・遞・邸・鄭・鼎針を以て地を刺す日本株式会社論及びもつかない1億円献金事件べくもない醜穢・醜猥突っ掛け宝海大空及び無し及び難いほっても藪に馬鍬打消し五言詩障える嘉する済度万死

到底の関連情報