コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何一つ ナニヒトツ

デジタル大辞泉の解説

なに‐ひとつ【何一つ】

[副](多くあとに打消しの語を伴って)何も。ひとつも。すこしも。「その件については何一つ知りません」「何一つ不自由のない生活

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なにひとつ【何一つ】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)、打ち消しを強調する気持ちを表す。ひとつも。 「 -不自由なく暮らす」 「 -として思い出の種にならないものはない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何一つの関連キーワードコント(Isidor Auguste Marie François Xavier Comte)親の意見と茄子の花は千に一つも無駄はないアレクサンドル コノワーロフポッパエア・サビナ無芸大食・無藝大食三大紀律八項注意アルフィエーリストレーザ会談すっからかんオブローモフ器官なき身体ラプラスの魔手振り編み笠イスラム教編み笠一蓋インド数学本来無一物木下尚江パンジェ点を打つ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何一つの関連情報