コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毫も ゴウモ

デジタル大辞泉の解説

ごう‐も〔ガウ‐〕【×毫も】

[副]《「毫」は細い毛の意》少しも。ちっとも。あとに打消しの語を伴って用いる。「毫も疑わない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうも【毫も】

( 副 )
(下に打ち消しの語を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。わずかも。少しも。 「 -反省の色がない」 「干渉云々に-不平はあるべからず/福翁百話 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

毫もの関連キーワード岡田 蘇水峻険・峻嶮佐竹 永邨畑 仙齢冷冷淡淡打消し仮す秋毫寸毫退転横風痴漢自大分毫書籍媚佞白毫回護伏蔵私意

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毫もの関連情報