コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山北[町] さんぽく

4件 の用語解説(山北[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

山北[町]【さんぽく】

新潟県最北部,岩船郡の旧町。主集落は府屋。用材の産が多い。海岸沿いに羽越(うえつ)本線が通じる。蒲萄(ぶどう)山地が日本海に迫る海岸は花コウ岩の急崖をなす海府の景勝地で,特に笹川流(ささがわながれ)は有名。

山北[町]【やまきた】

神奈川県西部,丹沢山地南西部を占める足柄上(あしがらかみ)郡の町。主集落は丹那トンネル開通前の東海道本線(現在の御殿場線)の機関区・鉄道町として発展した。山地斜面では茶(足柄茶),ミカンの栽培が盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんぽく【山北[町]】

新潟県最北端,日本海に臨む岩船郡の町。1965年町制。人口8231(1995)。越後山脈の北端にあたる朝日山地西端と浸食性の岩礁海岸からなる。古くは山北郷と呼ばれた地域で,大川の渓谷にあって羽越本線,国道7号線が通じる中心集落の府屋には,天文年間(1532‐55)上杉氏の北端の守りとして大川城が築かれた。町域の90%以上は山林で,県下有数の木材生産高を上げている。寝屋漁港をはじめ五つの漁港があり,沿岸漁業も営まれる。

やまきた【山北[町]】

神奈川県北西端,足柄上(あしがらかみ)郡の町。人口1万4340(1995)。西は静岡県,北西は山梨県に接する。丹沢山地の西半部を占め,町域の北部には標高1000m以上の山が広く分布し,河内川とその支流沿いに集落が発達している。中心集落の山北は,現在は周辺の小商業中心にすぎないが,東海道本線が現在の御殿場線のルートを通っていた1889年から丹那トンネルの開通する1934年まで機関区が置かれ,鉄道の町としてにぎわった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

山北[町]の関連キーワード余部粟島信濃川温泉津米山清津村上荒川峡時に臨む

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone