コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

福岡荘 ふくおかのしょう

3件 の用語解説(福岡荘の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

福岡荘【ふくおかのしょう】

備前国上道(じょうどう)郡にあった荘園。現岡山県瀬戸内市長船(おさふね)町の吉井川左岸に位置する福岡を遺称地とし,周辺一帯から対岸の岡山市北東部一帯を荘域とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふくおかのしょう【福岡荘】

備前国上道(じようどう)郡にあった荘園。現在の岡山県邑久(おく)郡長船(おさふね)町福岡を中心とする。もと平家の所領で,平家滅亡後〈平家没官領〉の一つとして源頼朝に与えられ,崇徳院法華堂領に寄進された。その後,本所職は最勝光院に,領家職は一乗院,地頭職は吉井氏がもっており,1299年(正安1)に荘内吉井村は地頭請所(うけしよ)となった。地頭吉井氏の年貢抑留が続き,1326年(嘉暦1)に東寺に寄進された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

福岡荘
ふくおかのしょう

備前(びぜん)国上道(かみつみち)郡にあった荘園。現在の岡山県瀬戸内市長船(おさふね)町福岡を中心とする地域にあたる。源頼朝(よりとも)は平家没官(もっかん)領として預かっていたが、崇徳院法華(すとくいんほっけ)堂に寄進した。のちにその本家職(ほんけしき)は高倉院・建春門院(けんしゅんもんいん)を本願とする最勝光院(さいしょうこういん)の、また領家(りょうけ)職は一乗院僧正房(いちじょういんそうじょうぼう)の領有となった。1325年(正中2)の最勝光院領荘園年貢の注進状(『東寺百合文書(とうじひゃくごうもんじょ)』ゆ函)によると、小野法印(おののほういん)なる者が寺務をとったとき、荘内の吉井村は最勝光院、他の部分は一乗院がそれぞれ分割して領有することとなり、吉井村分については、地頭吉井氏の請所(うけしょ)で、年貢は40貫文の定であったが、当時すでに26貫文余に減少していることが記されている。吉井村はのち東寺に施入(せにゅう)されたものと推測されるが、南北朝時代以降の歴史は明らかでない。荘内には鎌倉時代に福岡市(いち)(『一遍上人絵伝(いっぺんしょうにんえでん)』に描写される)や吉井村八日市が開かれ、年貢も早くから銭納された。また福岡刀鍛冶(かたなかじ)の集住地としても著名である。[佐々木銀弥]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の福岡荘の言及

【備前国】より

…直家は毛利,織田両勢力の対立を利用しつつ,備中の三村氏を滅ぼし,備前を中心にその周辺地域(備中東部,美作南部,播磨西部)を支配下に収めて戦国大名として自立したが,間もなく病死し,子秀家は羽柴(豊臣)秀吉に養われて,のちに豊臣政権下の五大老のひとりとなった。
[社会・経済]
 備前は吉井川,旭川の二大河川の肥沃な平野に恵まれ,豊原荘,金岡荘,福岡荘,鹿田荘,野田荘,香登(かがと)荘ほかの著名な大荘園が多く成立した。豊原荘は皇室領で,邑久郡6ヵ所にまたがる大荘であり,荘内に安仁(あに)神社や弘法寺,蓮華寺などがあった。…

【福岡市】より

…中世備前国福岡荘内に成立した市場。福岡荘は吉井川の河口に近く船の遡上が可能で,山陽道との交点に当たることから備前南部の物資集散の要衝となった。…

※「福岡荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

福岡荘の関連キーワード自墾地系荘園寄人威風堂堂長船物講習堂次葉無上道要道上道斐太都呉榕堂

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone