コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩井半四郎(初代) いわい はんしろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩井半四郎(初代) いわい-はんしろう

1652-1699 江戸時代前期の歌舞伎役者。
承応(じょうおう)元年生まれ。生家は扇商。立役(たちやく)をつとめて天和(てんな)のはじめ大坂で名をあげ,元禄(げんろく)元年京都での「けいせい玉手箱」で坂田藤十郎とともに好評をえた。翌年座本をかね,嵐三右衛門とならぶ地歩をきずいた。実事を得意とした。元禄12年4月3日死去。48歳。摂津有馬(兵庫県)出身。前名は岩井半之助,半太夫。屋号は大和屋

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩井半四郎(初代)の関連キーワード歌舞伎役者承応

今日のキーワード

塞翁が馬

《「淮南子(えなんじ)」人間訓から》人生の禍福は転々として予測できないことのたとえ。「人間万事塞翁が馬」[補説]昔、中国の北辺の塞(とりで)のそばに住んでいた老人の馬が胡(こ)の地に逃げたが、数か月後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android