コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

市村羽左衛門(15代) いちむら うざえもん

1件 の用語解説(市村羽左衛門(15代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

市村羽左衛門(15代) いちむら-うざえもん

1874-1945 明治-昭和時代前期の歌舞伎役者。
明治7年11月5日生まれ。14代市村羽左衛門の養子。明治14年初舞台。36年歌舞伎座で15代を襲名。さわやかな口跡とすぐれた容姿で人気を得,6代尾上梅幸との「切られ与三」などは名舞台として知られる。昭和20年5月6日死去。72歳。東京出身。本名は録太郎。前名は市村家橘(かきつ)(6代)。俳名は可江。屋号は橘屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

市村羽左衛門(15代)の関連キーワード小室翠雲井元為三郎河野秀男橘旭翁(2代)田中譲頼母木駒子十時弥中崎俊秀能村磐夫山内佐太郎

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone