幸 祥光(読み)コウ ヨシミツ

20世紀日本人名事典の解説

幸 祥光
コウ ヨシミツ

明治〜昭和期の能楽囃子方(幸流小鼓方) 幸流小鼓宗家(16代目)。



生年
明治25(1892)年11月16日

没年
昭和52(1977)年4月6日

出生地
東京

本名
幸 五郎

旧姓(旧名)
神谷,三須

別名
前名=幸 悟朗(コウ ゴロウ)

主な受賞名〔年〕
芸術祭賞〔昭和24年 38年〕,勲三等瑞宝章〔昭和41年〕,芸術祭優秀賞〔昭和44年〕

経歴
少年時代、そのリズム感のすばらしさに、幸流小鼓の名人、三須錦吾がもらいうけ、息子平司の養子とした。明治37年「田村」で初舞台。42年17歳で五流宗家の推挙で幸流(幸五郎次郎家)の芸事を継ぎ幸五郎となる。昭和5年幸家に入籍、幸悟朗と名乗る。22年祥光と改名。29年第1回渡欧に参加。この間、8年東京音楽学校教務嘱託、29年三役養成会教務主任を務めるなど、後進育成に尽力。また新作能「智恵子抄」の作曲もした。32年より日本能楽会会員。10代のころから天才の呼び声が高く、不世出の名人と呼ばれ、大鼓の川崎九淵との名コンビで明治から50年間にわたり、能楽界を支え、昭和30年最初の人間国宝に認定された。40年芸術院会員。著書に「小鼓とともに」「小鼓入門」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

幸 祥光
コウ ヨシミツ


職業
能楽囃子方(幸流小鼓方)

専門
小鼓

肩書
幸流小鼓宗家(16代目) 重要無形文化財保持者(能囃子方・小鼓)〔昭和30年〕,日本芸術院会員〔昭和40年〕

本名
幸 五郎

旧名・旧姓
神谷,三須

別名
前名=幸 五郎,幸 悟朗(コウ ゴロウ)

生年月日
明治25年 11月16日

出生地
東京市 下谷区(東京都 台東区)

経歴
少年時代、そのリズム感のすばらしさに、幸流小鼓の名人、三須錦吾がもらいうけ、息子平司の養嗣子とした。養父と養祖父に師事。明治37年「田村」で初舞台。42年17歳で五流宗家の推挙で幸流(幸五郎次郎家)の芸事を継ぎ幸五郎となる。昭和5年幸家に入籍、幸悟朗と名乗る。22年祥光と改名。24年一調一管「獅子」を復曲上演。29年第1回能楽訪欧団に参加。この間、8年東京音楽学校教務嘱託、29年三役養成会教務主任を務めるなど、後進育成に尽力。また新作能「智恵子抄」の作曲もした。32年より日本能楽会会員。10代のころから天才の呼び声が高く、不世出の名人と呼ばれ、大鼓の川崎九淵との名コンビで明治から50年間にわたり能楽囃子方を支え、昭和30年最初の人間国宝に認定された。36年古稀祝の会に無謡一調「翁頭取」を自作、発表。40年日本芸術院会員。著書に「小鼓とともに」「小鼓入門」がある。

所属団体
雅楽協会,東京囃子科協議会,日本能楽会

受賞
勲三等瑞宝章〔昭和41年〕,勲三等旭日中綬章〔昭和52年〕 芸術祭賞〔昭和24年・38年〕,芸術祭賞優秀賞〔昭和44年〕

没年月日
昭和52年 4月6日 (1977年)

家族
養父=三須 平司(幸流小鼓方),長男=幸 正影(幸流小鼓17代目宗家)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

367日誕生日大事典の解説

幸 祥光 (こう よしみつ)

生年月日:1892年11月16日
明治時代-昭和時代の能楽囃子方(幸流小鼓方)。幸流小鼓宗家(16代目)
1977年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android