コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建勲神社 けんくんじんじゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建勲神社
けんくんじんじゃ

京都市北区に鎮座する元別格官幣社。「たけいさお神社」ともいう。織田信長主神とし,信忠配祀例祭7月1日。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

けんくん‐じんじゃ【建勲神社】

京都市北区にある神社。祭神織田信長で、その子信忠を配祀。明治3年(1870)明治天皇が東京の織田邸内に創建。同13年現在地へ遷宮。たけいさおじんじゃ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

建勲神社【けんくんじんじゃ】

建勲(たけいさお)神社

建勲神社【たけいさおじんじゃ】

京都市北区紫野船岡山に鎮座。通称〈けんくん〉。旧別格官幣社。織田信長をまつる。1880年に造営,1910年現地に移転。例祭は7月1日。ほかに船岡祭(10月19日)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たけいさおじんじゃ【建勲神社】

京都市北区に鎮座。織田信長をまつり,子の信忠を合祀する。一般に〈けんくんさん〉と呼ばれる。1869年健織田神の神号を賜り,翌年東京の織田子爵邸に創祀され,のち現社名に改称された。75年別格官幣社に列せられ,信長が葬られた大徳寺の南の船岡山社殿の造営が命ぜられた。80年船岡山の山麓に社殿が完成し,東京より遷座。鎮座祭が執行されたが,さらに1910年中腹の現社地へ遷座した。例祭は7月1日。特殊神事として信長の入京を記念し武者行列を従え渡御する船岡大祭(10月19日)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

けんくんじんじゃ【建勲神社】

京都市北区紫野にある神社。織田信長・信忠父子をまつる。たけいさおじんじゃ。

たけいさおじんじゃ【建勲神社】

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

建勲神社の関連キーワード建勲神社(けんくんじんじゃ)水茎盤樟

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建勲神社の関連情報