コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彫玉 ちょうぎょく

大辞林 第三版の解説

ちょうぎょく【彫玉】

彫刻を施した宝石・貴石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうぎょく【彫玉】

陰刻(インタリオintaglio),陽刻(カメオ)の彫技によって装飾を加えられた宝石貴石を指す。起源は宝石・貴石の帰属を明らかにすべく所有者の目印を刻んだことにあり,前4千年紀後半の南メソポタミアに発すると考えられる。その後,技法の発達に伴い,複雑な形像や文字も表現しうるようになる。凍石(ステアタイト)のような軟石だけでなく貴石などの加工も可能となり,古代西アジア,エジプト,ギリシア,ローマにおいて,工芸美術の水準にまで発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の彫玉の言及

【ピエトラ・ドゥーラ】より

… 印章,装身具,装飾小箱などが古くからこれらの貴石から作られた。このような硬質の石を加工する技術は,古代ローマの帝政時代に最高水準に達したが(彫玉),中世期には衰微し,ルネサンス期に入ってとくにミラノやフィレンツェで再び隆盛になった。フィレンツェではコジモ・デ・メディチがピエトラ・ドゥーラの生産を推進させるために,プラハのルドルフ2世の宮廷宝石師として活躍したミラノ出身のジロラモおよびガスパロのミゼローニ兄弟を招いた。…

【ローマ美術】より

…それは,たとえばボスコレアーレから出土した帝政期の多数の金属器(いわゆる〈ボスコレアーレの遺宝〉)にうかがえる。ヘレニズム時代に盛んとなった彫玉は,ローマ貴族の豪勢な生活文化と一致して,《ゲンマ・アウグステア(アウグストゥスの宝玉)》《フランスのカメオ》などの優品を生んだ。食卓には銀器,ガラス器(ローマ・ガラス),それにテラ・シギラタ陶器が並び,それらは高い洗練度を有するようになる。…

※「彫玉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

彫玉の関連キーワード玉器(ぎょっき)七宝(工芸)ジャスパー陰刻玉器彫刻

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android