コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼の アノ

デジタル大辞泉の解説

あ‐の【彼の】

[連体]《代名詞「」+格助詞「」から》
話し手・聞き手の双方から離れた人や物をさしていう。「彼の帽子を取ってください」
話し手も聞き手もすでに知っている人や事柄をさしていう。例の。「彼の男がまた来たよ」「彼の件はどうなりましたか」
[感]話のきっかけをつけるとき、言葉に詰まったときなどに発する語。「彼の、ちょっとお尋ねしたいんですけど」「それは、彼の、つまり」

か‐の【彼の】

[連体]の一語化》話し手と聞き手双方の既知の事物をさす。あの。例の。「彼の有名な物語」「彼の地」
[連語]《代名詞「か」+格助詞「の」》
前に述べた事物をさす。あの。その。
「めなもみといふ草あり。蝮(くちばみ)に刺されたる人、―草を揉みて付けぬれば」〈徒然・九六〉
《近世語》人や事物を暗示的に示す。例の物・事・人。
「そりゃあさうと、―に極めたか」〈滑・浮世風呂・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あの【彼の】

( 連体 )
〔代名詞「あ」に格助詞「の」の付いた語〕
話し手からも聞き手からも離れた所にある物をさす。 「 -店に入ろう」 「 -赤い花がほしい」
話し手も聞き手もすでに知っている事柄をさす。例の。 「 -ときは困りましたねえ」 「 -人はどうしていますか」
( 感 )
話のはじめや間で、次の言葉へのつなぎに用いる語。あのう。 「そうして、-、…」
人に呼びかけたり、注意を引こうとするときに用いる語。あのう。 「 -、ちょっとおたずねしますが」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

彼のの関連キーワードショパン:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調「葬送」/piano solo知らんがために我は信ず右に出る者がいない受け持ち・受持ち好い線を行く論を俟たない彼の手此の手怖気を震う理に落ちる度胆を抜く椋橋部家長動もすると代弁・代辯地に落ちる言葉に余る座が白ける心が解ける望みを託す頭が下がる嵌まり役

彼のの関連情報