彼の(読み)かの

精選版 日本国語大辞典「彼の」の解説

か‐の【彼の】

[1] 〘連語〙 (代名詞「か()」に格助詞「の」の付いたもの) ⇒か(彼)
[2] 〘代名〙 他称。話し手、相手両者から離れた、また、両者に共通の話題である、事物、人をさし示す(遠称)。直接それをさしていうのをはばかる場合に、遠まわしにその名に代えていう、近世の隠語的用法。あれ。
(イ) あの物。例の物。また、あの事。例の事。
※浮世草子・好色万金丹(1694)三「奈良茶は夜分、かののおゆるは朝時分」
(ロ) あの人。例の人。
※俳諧・大坂独吟集(1675)下「恋衣おもひたつ日を吉日あしにまかせてかのが行末〈由平〉」
[3] 〘連体〙 ((一)の一語化したもの) 話し手、相手両者から離れた、また、両者共通の事柄に関係のあることを指示する。現代語では「あの」よりも文語的な表現。
浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「『アノ本田さんはどうだったエ』『彼(カ)の男はよう御座んした』」
[補注](一)と(三)との境界の判定は極めて困難なので、(三)の用例は、便宜上、明治以降の口語文に限った。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「彼の」の解説

か‐の【彼の】

[連体]の一語化》話し手と聞き手双方の既知の事物をさす。あの。例の。「彼の有名な物語」「彼の地」
[連語]《代名詞「か」+格助詞「の」》
前に述べた事物をさす。あの。その。
「めなもみといふ草あり。蝮(くちばみ)に刺されたる人、―草を揉みて付けぬれば」〈徒然・九六〉
《近世語》人や事物を暗示的に示す。例の物・事・人。
「そりゃあさうと、―に極めたか」〈浮世風呂・三〉

あ‐の【彼の】

[連体]《代名詞「」+格助詞「」から》
話し手・聞き手の双方から離れた人や物をさしていう。「彼の帽子を取ってください」
話し手も聞き手もすでに知っている人や事柄をさしていう。例の。「彼の男がまた来たよ」「彼の件はどうなりましたか」
[感]話のきっかけをつけるとき、言葉に詰まったときなどに発する語。「彼の、ちょっとお尋ねしたいんですけど」「それは、彼の、つまり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android