コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何の ドノ

デジタル大辞泉の解説

ど‐の【何の】

[連体]はっきりと限定できないもの、明らかでないものをさす。「何の子と何の子が仲良しなのかわからない」「何の問題から手をつけようか」

なに‐の【何の】

[連語]《代名詞「なに」+格助詞「の」》
何々の。なんとかいう。
「―前司にこそは、などぞ必ずいらふる」〈・二五〉
どんな。いかなる。
「―面目にてか、また都にも帰らむ」〈・若紫〉
(打消しや反語の意で)何ほどの。どれだけの。
「―咎(とが)か侍らむ」〈・夢浮橋〉
「―かたき人にもあらず」〈和泉式部日記
(副詞的に用いて)
㋐どうして。なんで。
「荒磯はあされど―かひなくて潮に濡るるあまの袖かな」〈更級
㋑なんという。
「されば―よきことと思ひて」〈伊勢・六五〉

なん‐の【何の】

《代名詞「なに」に格助詞「の」の付いた「なにの」の音変化》
[感]軽く否定したり受け流したりするときに用いる語。「何の、これしき」「何の、大丈夫だ」
[連語]
いかなる。どういう。「いったい何の意味があるのか」「何の因果か」
(あとに打消しの語を伴って)
㋐まったく。「何の苦もなくやってのける」「何の役にも立たない」
㋑それほどの。「何の気なしに話す」「何のことはない」
強く反発・否定する気持ちを反語的に表す。どうして。「酒なくして何の人生ぞ」
「―戸外へ出すものか」〈鏡花・琵琶伝〉
(「…のなんの」の形で)
㋐同類の事柄をいろいろと付け加える意を表す。「主婦は炊事だの何のと忙しい」
㋑上に付く語を強調する意を表す。「痛いの何のって、が出たよ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

どの【何の】

( 連体 )
どれとはっきり限定しないままに、不明・不定の事物・人間・程度などを取り上げるときに用いる語。いずれの。 「 -品になさいますか」 「本は-くらいありますか」 「その問題では-会社も困っている」
[句項目]

なにの【何の】

( 連語 )
〔「の」は格助詞〕
人や事物の名を明らかにしないでいう。なんとかいう。 「雪-山に満てり/枕草子 181
疑問・詰問の気持ちを表す。どのような。どんな。 「あづきなく-狂言たわこと今更に童言わらわごとする老人おいひとにして/万葉集 2582
打ち消しの強調や反語の意を表す。どれほどの。少しの。 「さらに-しるしも侍らじ物を/源氏 若紫」 「 -にほひのあるにかと涙ぐましう聞ゆ/更級」
(副詞的に用いて)どうして。なぜ。 「 -さる人をか、この院の内に捨て侍らむ/源氏 手習

なんの【何の】

〔「なにの」の転〕
[1] ( 感 )
相手の心配などを打ち消す語。いいえ。いや。 「 -、これくらい当たり前のことです」 「『どうだ、参ったか』『-、-』」
[1] ( 副 )
意に介しないという気持ちを表す。 「 -これしき、負けるものか」
( 連語 )
物事の実体・内容が不明であるという意を表す。どういう。どのような。 「庭には-木を植えようか」 「それは-真似まねだ」
(否定の表現を伴って)打ち消しを強調する気持ちを表す。何程の。どれほどの。少しの。 「 -遠慮がいるものか」 「 -苦労も知らずに育つ」 「 -役にも立たない」
反語の意を表す。
何のための。 「愛なくて-人生だ」
どのような。どうして。 「 -かたき事か有らん/去来抄」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

何のの関連キーワード屁の突っ張りにもならないサイレントストーン独立不羈・独立不覊弊履を棄つるが如し縁もゆかりもない糞の役にも立たぬ縁もゆかりも無い人をつけにする証文の出し後れ何の面下げて影も形もない何の事はない絵に描いた餅胡坐をかく変哲もない下端に付く二十四節気死に馬に鍼無何有の郷抜打ち解散

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

何のの関連情報