コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 イ

18件 の用語解説(汝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

い【×汝】

[代](格助詞「が」を伴って用いる)二人称の人代名詞。相手を卑しめていう語。おまえ。→其(し)己(な)
「―が作り仕へまつれる大殿のうち」〈・中〉

いまし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。親しみの気持ちで相手をさす。そなた。なんじ。おまえ。
「駿河の海おしへに生ふる浜つづら―をたのみ母にたがひぬ」〈・三三五九〉
[補説]上代語であるが、平安時代にも漢文訓読語としては用いられた。日本書紀の古訓によく用いられる語。→ましみまし

うぬ【×汝/己】

[代]
二人称人代名詞。相手をののしっていう語。「おの」の音変化ともいう。きさま。てめえ。
「―まで死なせてなるものか」〈鴎外山椒大夫
反射代名詞自分自身
「バカ、―がケンカをして、泣くやつがあるか」〈山本有三生きとし生けるもの
[感]相手に対する憎しみやあざけりを表す語。
「―如何(どう)するか見やがれ」〈二葉亭浮雲

しゃ【×汝】

[代]二人称の人代名詞。相手を卑しめていう語。きさま。おまえ。
「名のりて過ぎるほととぎす、―が父に似て、父に似ず」〈浄・寿の門松

じょ【汝】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジョ(漢) [訓]なんじ なれ いまし
二人称の人代名詞。なんじ。「爾汝(じじょ)

な‐むち【×汝】

[代]《代名詞「な」+「むち(貴)」から》「なんじ」に同じ。
「ああ、―軽の皇子(みこ)」〈孝徳紀〉

なれ【×汝】

[代]二人称の人代名詞。おまえ。なんじ。
「親なしに―生(な)りけめや」〈推古紀・歌謡〉

な‐んじ〔‐んぢ〕【×汝/×爾】

[代]《「なむち」の音変化》二人称人代名詞。多く、対等またはそれ以下の人に用いられる。
「―コレヲワキマエタカ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉

まし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。みまし。いまし。おまえ。
「―は、え知らじ」〈宇津保・俊蔭〉

み‐まし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。あなた。
「―大臣の仕へ奉(まつ)り来しさまは」〈続紀宣命

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

い【汝】

( 代 )
二人称。相手を卑しんでいう語。お前。 「 -が作り仕へ奉れる大殿の内には/古事記 」 〔格助詞「が」が付いて「いが」の形で用いられる〕

いまし【汝】

( 代 )
〔上代語〕
二人称。なんじ。あなた。 「たらちねの母に障らばいたづらに-も我あれも事のなるべき/万葉集 2517

しゃ【汝】

( 代 )
二人称。おまえ。なんじ。 「 -が父なれど鶯は、賤しき垣根に木伝ひて/宴曲集」

なむじ【汝】

( 代 )

なむち【汝】

( 代 )

なれ【汝】

( 代 )
二人称。対等あるいはそれ以下の者に対して用いる。おまえ。なんじ。 「この川に朝菜洗ふ児-も我あれもよちをそ持てるいで子賜たばりに/万葉集 3440」 「ちはやふる宇治の橋守-をしぞあはれとは思ふ年のへぬれば/古今 雑上」 〔この語は、「な」とともに、上代・中古に用いられる。「な」が「汝兄なせ」「汝妹なにも」のように他の語と熟合して用いられることが多いのに対して、「なれ」は独立用法の語と推定されるが、その用例はあまり多くない〕

まし【汝】

( 代 )
〔「いまし」の転〕
二人称。同等またはそれ以下の相手に用いられる。おまえ。 「 -は、え知らじ/宇津保 俊蔭

みまし【汝】

( 代 )
二人称。あなた。「いまし」よりもやや尊敬の程度が高い。 「 -大臣の家の内の子等こどもをも/続紀 宝亀二宣命

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

汝の関連キーワード彼の人汝等己等貴官貴嬢貴僧貴台貴辺此方の人彼の子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

汝の関連情報