コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタル大辞泉の解説

い【×汝】

[代](格助詞「が」を伴って用いる)二人称の人代名詞。相手を卑しめていう語。おまえ。→其(し)己(な)
「―が作り仕へまつれる大殿のうち」〈・中〉

いまし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。親しみの気持ちで相手をさす。そなた。なんじ。おまえ。
「駿河の海おしへに生ふる浜つづら―をたのみ母にたがひぬ」〈・三三五九〉
[補説]上代語であるが、平安時代にも漢文訓読語としては用いられた。日本書紀の古訓によく用いられる語。→ましみまし

うぬ【×汝/己】

[代]
二人称人代名詞。相手をののしっていう。「おの」の音変化ともいう。きさま。てめえ。
「―まで死なせてなるものか」〈鴎外山椒大夫
反射代名詞。自分自身。
「バカ、―がケンカをして、泣くやつがあるか」〈山本有三・生きとし生けるもの〉
[感]相手に対する憎しみやあざけりを表す語。
「―如何(どう)するか見やがれ」〈二葉亭浮雲

しゃ【×汝】

[代]二人称の人代名詞。相手を卑しめていう語。きさま。おまえ。
「名のりて過ぎるほととぎす、―が父に似て、父に似ず」〈浄・寿の門松

じょ【汝】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ジョ(漢) [訓]なんじ なれ いまし
二人称の人代名詞。なんじ。「爾汝(じじょ)

な‐むち【×汝】

[代]《代名詞「な」+「むち(貴)」から》「なんじ」に同じ。
「ああ、―軽の皇子(みこ)」〈孝徳紀〉

なれ【×汝】

[代]二人称の人代名詞。おまえ。なんじ。
「親なしに―生(な)りけめや」〈推古紀・歌謡〉

な‐んじ〔‐んぢ〕【×汝/×爾】

[代]《「なむち」の音変化》二人称の人代名詞。多く、対等またはそれ以下の人に用いられる。
「―コレヲワキマエタカ」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉

まし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。みまし。いまし。おまえ。
「―は、え知らじ」〈宇津保・俊蔭〉

み‐まし【×汝】

[代]二人称の人代名詞。あなた。
「―大臣の仕へ奉(まつ)り来しさまは」〈続紀宣命

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

い【汝】

( 代 )
二人称。相手を卑しんでいう語。お前。 「 -が作り仕へ奉れる大殿の内には/古事記 」 〔格助詞「が」が付いて「いが」の形で用いられる〕

いまし【汝】

( 代 )
〔上代語〕
二人称。なんじ。あなた。 「たらちねの母に障らばいたづらに-も我あれも事のなるべき/万葉集 2517

しゃ【汝】

( 代 )
二人称。おまえ。なんじ。 「 -が父なれど鶯は、賤しき垣根に木伝ひて/宴曲集」

なむじ【汝】

( 代 )

なむち【汝】

( 代 )

なれ【汝】

( 代 )
二人称。対等あるいはそれ以下の者に対して用いる。おまえ。なんじ。 「この川に朝菜洗ふ児-も我あれもよちをそ持てるいで子賜たばりに/万葉集 3440」 「ちはやふる宇治の橋守-をしぞあはれとは思ふ年のへぬれば/古今 雑上」 〔この語は、「な」とともに、上代・中古に用いられる。「な」が「汝兄なせ」「汝妹なにも」のように他の語と熟合して用いられることが多いのに対して、「なれ」は独立用法の語と推定されるが、その用例はあまり多くない〕

まし【汝】

( 代 )
〔「いまし」の転〕
二人称。同等またはそれ以下の相手に用いられる。おまえ。 「 -は、え知らじ/宇津保 俊蔭

みまし【汝】

( 代 )
二人称。あなた。「いまし」よりもやや尊敬の程度が高い。 「 -大臣の家の内の子等こどもをも/続紀 宝亀二宣命

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

汝の関連キーワードエクスルターテユビラーテ八入折り・八塩折りツァオルーリンインルーコン磐次磐三郎公界知らず見たむないグッドバイ耳映ゆし巻き入る聞き開く近江の海たらちね立て合ふ世の長人書読み人日本書紀平安時代世の遠人汝霖妙佐

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

汝の関連情報