コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御倉/御蔵 ミクラ

世界大百科事典 第2版の解説

おくら【御倉】

室町時代,京都にあった土倉(どそう)の中で,幕府財産の管理や出納に当たっていたもの。鎌倉~南北朝時代の土倉とは,文字どおり土壁を持つ倉庫のことで,動産を預かって米銭を融資する金融業者は〈無尽銭の土倉〉と称されたが,室町時代ごろから単に土倉と言われるようになった。板壁の倉よりは火災や盗難に強い土塗り壁の倉を最初に持ったのは,平安末~鎌倉時代の商人であったと考えられる。財産の有効な保管方法のなかった公家や庶民は,縁故をたよってこれら商人の土倉や,寺社の倉に財物を預託した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

御倉/御蔵の関連キーワード立入宗継(たてりそうけい)神社(じんじゃ)十和田湖(湖)立入家文書東愛産業立入宗継十和田湖行く行く禁裏御倉立入宗長立入宗康小舎人発荷峠納銭方太田荘正実坊三時祭折紙方御倉町源行任

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android