コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御田植祭[阿蘇] おたうえまつり[あそ]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

御田植祭[阿蘇]
おたうえまつり[あそ]

熊本県阿蘇市阿蘇神社で 7月28日に行なわれる祭り。御田祭(おんだまつり)とも呼ばれる。この祭りのときだけ開かれる神幸門から,2ヵ所の行宮に向けて,4基の神輿を中心とする神幸行列が出発する。行列には,白装束に白布で顔を隠し,神へのお供えを入れる飯びつを頭上に載せた 14人の宇奈利(うなり)や,獅子と唐団扇,ウマに乗った 2人の早乙女,男児 4人の田楽,田男,田女,牛頭の 3体の田植人形などが加わる。一の行宮,二の行宮の順にめぐって神事を行なうが,一の行宮での神事後,宇奈利の運ぶ飯びつに供物が入れられる。どちらの行宮でも,神事後に,田唄がうたわれるなか,宇奈利や田植人形などのまわりを回る神輿の屋根に向けて,宮司らが苗を投げ上げる田植式がある。苗が神輿の屋根に上がれば豊作といわれる。同じ市内にある国造神社でも,7月26日に同様の御田植祭がある。国の重要無形民俗文化財に指定されている,阿蘇の農耕祭事の一つ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android