死する(読み)シスル

デジタル大辞泉 「死する」の意味・読み・例文・類語

し・する【死する】

[動サ変][文]し・す[サ変]死ぬ。「虎は―・して皮を留め、人は―・して名を残す」
[類語]ぽっくりころり突然死即死死ぬ永逝死亡死去死没長逝永眠往生逝去他界物故絶息絶命大往生お陀仏辞世成仏昇天崩御薨去卒去瞑目落命急逝夭折夭逝亡くなる没する果てる眠るめいするたおれる事切れる身罷みまか先立つ旅立つ急死する頓死とんしする横死する憤死する息を引き取る冷たくなるえなくなる世を去る帰らぬ人となる不帰の客となる死出の旅に出る亡き数に入る鬼籍に入る幽明さかいことにする黄泉こうせんの客となる命を落とす人死に物化まかくたばる絶え入る消え入るはかなくなる絶え果てる空しくなる仏になる朽ち果てる失命夭死臨終

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「死する」の意味・読み・例文・類語

し‐・する【死】

  1. 〘 自動詞 サ行変 〙
    [ 文語形 ]し・す 〘 自動詞 サ行変 〙 「死ぬ」の漢語的表現いのちがなくなる。みまかる。
    1. [初出の実例]「女はおのれをよろこぶ者のためにししぬと言ひたるも言ひ合はせつつ」(出典:能因本枕(10C終)五七)
    2. 「孔明籌筆(ちうひつ)駅に死して」(出典:太平記(14C後)二二)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android