コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳宗[西遼] とくそう[せいりょう]De-zong; Tê-tsung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳宗[西遼]
とくそう[せいりょう]
De-zong; Tê-tsung

[生]?
[没]皇統3(1143)
西遼 (カラ・キタイ) の建設者 (在位 1132~43) 。姓名は耶律大石,字は重徳。の太祖の8世の孫。天慶5 (15) 年の進士。遼の滅亡のとき,天帝と合わず,保大4 (24) 年自立して王と称し,トラ河畔の可敦城に走り遼を支持する遊牧諸族を糾合した。しかしのちの圧力が次第に加わってきたので,1129年頃部下を率いてトルキスタンに進み,33年カラハン朝の君主を退け即位し,グル・ハンと称し天祐皇帝と号した。これが西遼国で,クズ・オルダ (旧称ベラサグン ) を都とした。その後諸国を破り,アムダリア以北から,東はウイグル王国にいたる中央アジアの大国に成長した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

徳宗[西遼]の関連キーワード耶律大石耶律大石ケレスチヌス2世日の丸・君が代をめぐる処分と訴訟覚鑁俊寛陳亮中原親能二条天皇葡萄牙

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android