コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳宗[西遼] とくそう[せいりょう]De-zong; Tê-tsung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳宗[西遼]
とくそう[せいりょう]
De-zong; Tê-tsung

[生]?
[没]皇統3(1143)
西遼 (カラ・キタイ) の建設者 (在位 1132~43) 。姓名は耶律大石,字は重徳。の太祖の8世の孫。天慶5 (15) 年の進士。遼の滅亡のとき,天帝と合わず,保大4 (24) 年自立して王と称し,トラ河畔の可敦城に走り遼を支持する遊牧諸族を糾合した。しかしのちの圧力が次第に加わってきたので,1129年頃部下を率いてトルキスタンに進み,33年カラハン朝の君主を退け即位し,グル・ハンと称し天祐皇帝と号した。これが西遼国で,クズ・オルダ (旧称ベラサグン ) を都とした。その後諸国を破り,アムダリア以北から,東はウイグル王国にいたる中央アジアの大国に成長した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

徳宗[西遼]の関連キーワード耶律大石耶律大石ケレスチヌス2世日の丸・君が代をめぐる処分と訴訟俊寛陳亮中原親能二条天皇ポルトガル共和国翻訳名義集

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android