徳島大学(読み)とくしまだいがく

日本大百科全書(ニッポニカ)「徳島大学」の解説

徳島大学
とくしまだいがく

国立大学法人。1949年(昭和24)徳島高等業学校、徳島師範学校、徳島青年師範学校、徳島医学専門学校、徳島高等学校、徳島大学統合して、工学、医学、学芸学の3学部からなる新制国立大学として発足。その後、薬学部(1951)、歯学部(1976)が増設され、2010年(平成22)時点で5学部(総合科学、医学、歯学薬学、工学)構成となっている。大学院は総合科学、医科学、口腔科学、科学、栄養生命科学、保健科学、先端技術科学の7教育部とヘルスバイオサイエンス、ソシオテクノサイエンス、ソシオ・アーツ・アンド・サイエンスの3研究部からなる。ほかに疾患酵素学研究センター、動物実験施設などがある。2004年4月、国立大学法人法の施行に伴い、国立大学法人となる。本部徳島市新蔵町(しんくらちょう)2-24。

[馬越 徹]

『徳島大学編・刊『徳島大学五十年史』(2000)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

事典 日本の大学ブランド商品「徳島大学」の解説

徳島大学

[国立、徳島県徳島市]
[設置者]国立大学法人 徳島大学
[沿革・歴史]1949(昭和24)年5月、徳島師範学校・徳島青年師範学校・徳島医科大学・徳島医学専門学校・徳島高等学校・徳島工業専門学校を統合して、徳島大学を設置。2004(平成16)年4月、国立大学法人徳島大学となる。
キャンパス]新蔵キャンパス/常三島キャンパス/蔵本キャンパス(いずれも徳島市)
[マーク類]2001(平成13)年10月、学章を制定UNIVERSITYとTOKUSHIMAの頭文字であるUとTを基調としたもの。ロゴと組み合わせてロゴマークとしても使用される。
[ブランド一覧]
阿波の恵み | SILKYPIX Marine Photography | のほほんクン
)記載内容は事典編集当時(2010年2月)のものです。内容・価格等はその後に変更になった場合もあります。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の大学ブランド商品」事典 日本の大学ブランド商品について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「徳島大学」の解説

徳島大学
とくしまだいがく

国立大学法人。徳島師範学校をはじめ,徳島青年師範学校,徳島医科大学,徳島医学専門学校,徳島高等学校,徳島高等工業学校を統合し,1949年に新制大学として発足した。学芸学部 (1966年教育学部改称) ,工学部医学部からなり,1951年に薬学部,1976年に学部を増設,1986年には教育学部が改組されて総合科学部となり,5学部 (総合科学,医学,薬学,歯学,工学) 体制となる。 1955年大学院を設置。本部は徳島県徳島市新蔵町にある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「徳島大学」の解説

徳島大学【とくしまだいがく】

徳島市にある国立大学。徳島工専(1922年創立),徳島医専(1945年)を前身とする徳島医大,徳島高校(1947年),徳島師範(1943年),同青年師範(1944年)を統合,1949年新制大学として発足。2004年4月より国立大学法人へ移行。総合科学,医,薬,工,歯の各学部(2012年4月現在)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「徳島大学」の解説

とくしま‐だいがく【徳島大学】

徳島市にある国立大学法人。徳島師範学校・徳島青年師範学校・徳島医科大学・徳島医学専門学校・徳島高等学校・徳島工業専門学校を統合し、昭和24年(1949)新制大学として発足。平成16年(2004)国立大学法人となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「徳島大学」の解説

とくしま‐だいがく【徳島大学】

徳島市にある国立の大学。大正一一年(一九二二)創立の徳島工業専門学校、昭和二〇年(一九四五)創立の徳島医学専門学校、同医専併設徳島高等学校、徳島医科大学、同師範学校、同青年師範学校を統合して同二四年発足。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

大学事典「徳島大学」の解説

徳島大学[国立]
とくしまだいがく
Tokushima University

1874年(明治7)に創設された徳島師範期成学校のほか,徳島県立実業補修学校教員養成所(いずれものち学芸学部),官立徳島高等工業学校(のちの工学部),徳島県立医学専門学校(のちの医学部)などが第2次世界大戦後に統合されて成立。2016年(平成28)5月現在,新蔵,常三島,蔵元の3キャンパスに6学部7教育部4研究部を置き,7590人の学生を収容する。理念・目標は,「自主と自律の精神に基づき,真理の探究と知の創造に努め,卓越した学術及び文化を継承し向上させ,世界に開かれた大学として,豊かで健全な未来社会の実現に貢献する」である。教育面では「進取の気風」を身につけた人材の育成を図る。研究面では「研究戦略の概要」を掲げ,①医工連携,農工食連携を柱に,学際融合的な取組みの実施,②国際共同研究の活性化,③若手研究者の育成,④産学官連携を強め,研究成果の社会還元を図るとした。なお卒業生に2014年度ノーベル物理学賞を受賞した中村修二氏がいる。
著者: 戸村理

出典 平凡社「大学事典」大学事典について 情報

今日のキーワード

クライマックスシリーズ

日本のプロ野球で、年間の優勝チームを決定する日本シリーズ(日本選手権シリーズ試合)への出場権をかけ、セントラル・リーグとパシフィック・リーグそれぞれの公式戦(レギュラーシーズン)上位3チームが争うプレ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android