コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼津藩 ぬまづはん

5件 の用語解説(沼津藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼津藩
ぬまづはん

江戸時代,駿河国 (静岡県) 沼津地方を領有した藩。大久保忠佐が慶長6 (1601) 年に上総 (千葉県) 茂原 (もばら) から2万石で入封し,同 18年に大久保氏に嗣子なく除封,天領となった。のち安永6 (1777) 年に水野忠友が三河 (愛知県) 大浜から2万石で入封し,のち3万石,文政4 (1821) 年養子忠成 (ただあきら) のとき1万石,同 12年に1万石を加増され,5万石となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

沼津藩【ぬまづはん】

駿河国沼津(現静岡県沼津市)に藩庁を置いた譜代(ふだい)中藩。1601年大久保忠佐(ただすけ)が上総茂原(もばら)5000石より沼津の三枚橋(さんまいばし)城(沼津古城)に入って2万石で立藩。
→関連項目駿河国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

ぬまづはん【沼津藩】

江戸時代駿河(するが)国駿東郡(すんとうぐん)沼津(現、静岡県沼津市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は矜式館(きょうしょくかん)、明親館。1601年(慶長(けいちょう)6)、大久保忠佐(ただすけ)が上総(かずさ)国茂原(もばら)から2万石で入封(にゅうほう)、立藩した。13年に死去したが嗣子(しし)がなく除封(じょほう)、城も破却された。以後当地は、駿府(すんぷ)藩がおかれたときはその領地となり、それ以外の時期は天領という時期が長く続いた。1777年(安永6)、第10代将軍徳川家治(いえはる)の側用人(そばようにん)水野忠友(ただとも)が2万石で入封、再立藩した。以後明治維新まで水野氏8代が続いた。忠友は老中にまでのぼり、1万石加増、2代藩主忠成(ただあきら)も第11代将軍徳川家斉(いえなり)の信任を得て筆頭老中となり2万石加増、5万石となった。藩領は駿河国、伊豆(いず)国越後(えちご)国に点在していた。1868年(明治1)の駿府藩(静岡藩)再設置により、水野氏は上総国市原郡菊間に移り、菊間藩となったが、71年の廃藩置県で廃藩となった。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまづはん【沼津藩】

駿河国(静岡県)駿東郡沼津に藩庁を置いた譜代中藩。1601年(慶長6)大久保忠佐が三枚橋城に入って立藩(2万石)したが1613年死去し,嗣子がなかったため除封,城も翌年破却。1777年(安永6)将軍徳川家治側用人水野忠友が駿河駿東郡1万4000石,三河大浜6000石の2万石を与えられ,沼津築城を命ぜられ,水野沼津藩が成立した。2代忠成(ただあきら)は将軍家斉の信任を得て筆頭老中に昇任し化政期の幕政を掌握,領地も加増を重ね5万石に達した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼津藩
ぬまづはん

駿河(するが)国(静岡県)沼津地方を領有した藩。1601年(慶長6)大久保忠佐(ただすけ)が上総茂原(かずさもばら)から、戦国末以来の三枚橋(さんまいばし)城(沼津古城)に入り2万石で立藩したが、1613年忠佐に嗣子(しし)がなく絶藩。以後この地は徳川頼宣(よりのぶ)、徳川忠長らの領地となったこともあったが、大部分は幕府の代官支配が続いた。
 1777年(安永6)三河大浜1万3000石の水野忠友が、若年寄から側用人(そばようにん)に進み、7000石の加増と3000両の築城資金を与えられて沼津新城を築いて入封、再立藩した(領地高2万石)。水野氏は、徳川家康の生母伝通院(でんずういん)の生家であり、忠友の直接の祖忠清以降は代々信濃(しなの)松本藩主であったが、忠恒(ただつね)のとき城中で毛利師就(もろなり)に対し刃傷(にんじょう)に及び除封となった。家名だけは伯父忠穀(ただよし)(忠友の父)によって継承。忠友は将軍世子(せいし)竹千代(家重(いえしげ))の御伽(おとぎ)から身をおこして昇進し、側用人のまま侍従、老中に進み、田沼時代を支えた(高3万石)。養子忠成(ただあきら)(老中首座)は貨幣改鋳を行い益金60万両余を得た(高5万石)。以後、忠義、忠武、忠良(ただなが)、忠寛(ただひろ)、忠誠(ただのぶ)、忠敬(ただのり)と続き明治に至った。この間、沼津藩洋学の成果の一つ『輿地(よち)航海図』『水野家記録』『水野忠敬家記』などが残されている。1868年(慶応4)徳川宗家の駿府(すんぷ)藩創置に伴い、上総菊間(きくま)へ転封となった。[若林淳之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沼津藩の言及

【駿河国】より

…忠長改易後,再び沼津,田中,小島藩による小藩支配が展開した。沼津藩は1601年大久保忠佐が2万石で入封,13年無嗣除封・廃藩ののち,1777年(安永6)水野忠友が再興した。田中藩は1601年酒井忠利が1万石で入封,以来諸家12代が交替,1730年(享保15)本多正矩が4万石で入封して定着をみた。…

【沼津[市]】より

…1570年(元亀1)武田氏は沼津に城を築き,武田氏滅亡後は徳川氏の臣松平康親父子が在城,ついで豊臣氏の臣中村一栄,さらには徳川氏の臣大久保忠佐が城主となり,1613年(慶長18)忠佐の死とともに廃藩,城も翌年破却された。その後,徳川頼宣領,天領,徳川忠長領,韮山代官支配を経て,1777年(安永6)水野忠友により沼津藩が成立,再び沼津城が築城された。しかし,沼津はこのような領主の変遷に影響を受けながらも東海道の宿駅として成長を続けた。…

※「沼津藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沼津藩の関連キーワード静岡県駿東郡清水町静岡県駿東郡清水町新宿静岡県駿東郡小山町菅沼静岡県駿東郡小山町須走静岡県駿東郡静岡県駿東郡小山町藤曲静岡県駿東郡清水町伏見静岡県駿東郡清水町八幡静岡県駿東郡小山町用沢植田内膳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沼津藩の関連情報