コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忘れる ワスレル

デジタル大辞泉の解説

わす・れる【忘れる】

[動ラ下一][文]わす・る[ラ下二]
覚えていたことが思い出せなくなる。記憶がなくなる。「電話番号を―・れる」「―・れられない出来事」
何かに熱中してうっかり気がつかずにいる。「美しさに我を―・れる」「時のたつのを―・れる」「寝食を―・れて働く」
うっかりして物を置いてくる。「車の中に書類を―・れる」
意識的に思い出さないようにする。「歌をうたって悩みを―・れる」
すべきことをしないでいる。「戸締まりを―・れる」「銀行に行くのを―・れる」
対象が記憶から消える。
「面形(おもがた)の―・れむ時(しだ)は」〈・三五二〇〉
[下接句]乞食(こじき)も三日すれば忘れられぬ寝食を忘れる前後を忘れる喉元(のどもと)過ぎれば熱さを忘れる我を忘れる暑さ忘れて陰忘る雨晴れて笠(かさ)を忘る一朝(いっちょう)の怒りにその身を忘る魚(うお)は江湖に相忘る魚(うお)を得て筌(うえ)を忘る老いたる馬は路(みち)を忘れず治まりて乱るるを忘れず初心忘るべからず雀(すずめ)百まで踊りを忘れず治(ち)に居て乱を忘れず鼠(ねずみ)壁を忘る、壁鼠を忘れず

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

わすれる【忘れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 わす・る
覚えていたはずのことが思い出せなくなる。記憶がなくなる。 「小学校の同級生の顔を-・れる」 「恩を-・れる」
他のことに心を奪われて、一時的にそのことを意識しなくなる。 「時のたつのを-・れる」 「寝食を-・れる」 「我を-・れる」
うっかりして、物を置いたままにする。 「電車に傘を-・れる」
しなければならないことをしないでいる。 「届けるのを-・れる」 「宿題を-・れる」
思い切る。 「わびぬれば強ひて-・れむと思へども/古今 恋二

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忘れるの関連情報