恐慌障害(読み)きょうこうしょうがい(英語表記)panic disorder

翻訳|panic disorder

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恐慌障害
きょうこうしょうがい
panic disorder

突然,心臓発作のように激しい動悸や息苦しさに襲われ,そのまま死んでしまうのではないかという恐怖・不安に駆られる症状。かつては不安神経症自律神経失調症心臓神経症などと呼ばれていたものであるが,世界保健機構 (WHO) の疾病分類で恐慌障害として正式に位置づけられた。心臓疾患による発作によるものではないかと考えられていたが,原因はまだ完全には明らかでない。ストレス一因ともみられている。抗不安剤や心理療法によって,比較的短期で発作も治まり,社会復帰できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android