日航ジャンボ機墜落事故(読み)にっこうジャンボきついらくじこ

百科事典マイペディアの解説

1985年8月12日,羽田発大阪行きの日本航空ボーイング747SR機が群馬県御巣鷹尾根に墜落した事故乗員乗客524人中,520人が死亡という大惨事となった。事故原因は,ボーイング社が行った後部圧力隔壁の修理ミスとされている。1990年には東京高裁が遺族からの不服申立てを退けたため,業務上過失致死傷罪の時効が成立。米国ワシントン州最高裁は事故原因を認めたが,賠償要求を退けた。
→関連項目金属疲労航空事故

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

1985年8月12日午後6時56分ごろ、羽田発大阪行き日本航空123便(ボーイング747SR型機)が群馬県・御巣鷹の尾根に墜落した。乗客・乗員計520人が死亡し、4人が重傷を負った。夏休みで子どもや学生も多く乗っており、犠牲者の中には「上を向いて歩こう」で知られる歌手の坂本九さんもいた。単独機の事故としては、犠牲者のはいまでも世界最悪。

(2020-07-28 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1985年8月12日,東京国際空港(羽田空港)発大阪国際空港(伊丹空港)行きの日本航空 123便,ボーイング747SR機が群馬県上野村の御巣鷹山南麓に墜落した事故。乗客 509人,乗員 15人の計 524人のうち 520人が死亡し,単独機の事故としては史上最大の死者を出した。事故機は午後6時12分に羽田空港を離陸,午後6時24分頃に大島―下田間の上空 7300mを巡行中に異常が発生。フライトレコーダの記録などによると,このとき垂直尾翼(→尾翼)の大部分と油圧装置のすべてが破断し,操縦機能がほぼ失われたとみられる。その後駿河湾から右に旋回し富士山北麓を通過,山梨県大月市や奥多摩の上空を経て,午後6時56分頃に御巣鷹山南麓に墜落。事故現場が急峻な山奥であり,また盛夏であったため,自衛隊,地元警察,消防団らの捜索救難活動は困難をきわめたが,少女を含む 4人の生存者が救出された。死者には歌手の坂本九,阪神タイガース社長の中埜肇(なかのはじむ)らが含まれた。1987年,運輸省の航空事故調査委員会が,機体後部の圧力隔壁の亀裂が原因とする報告書を公表。また報告書は,1978年に当該機が伊丹空港での着陸時に事故を起こしたのち,ボーイングが行なった修理の不備が,墜落事故につながったとした。事故後,毎年 8月12日に事故現場の「御巣鷹の尾根」で慰霊登山が行なわれ,麓の「慰霊の園」にて追悼式典が営まれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日航ジャンボ機墜落事故の関連情報