コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日航ジャンボ機墜落事故 にっこうジャンボきついらくじこ

百科事典マイペディアの解説

日航ジャンボ機墜落事故【にっこうジャンボきついらくじこ】

1985年8月12日,羽田発大阪行きの日本航空ボーイング747SR機が群馬県御巣鷹尾根に墜落した事故。乗員乗客524人中,520人が死亡という大惨事となった。
→関連項目金属疲労航空事故

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

日航ジャンボ機墜落事故

1985年8月12日午後6時56分ごろ、羽田発大阪行き日本航空123便(ボーイング747SR型機)が群馬県・御巣鷹の尾根に墜落した。乗客・乗員計520人が死亡し、4人が重傷を負った。7年前の事故の修理ミスが原因とされる。遺族でつくる「8・12連絡会」によると、犠牲者が出たのは401世帯。うち22世帯は一家全員が亡くなり、父子家庭になったのは13世帯、母子家庭は189世帯だった。

(2015-08-12 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日航ジャンボ機墜落事故
にっこうジャンボきついらくじこ

1985年8月12日,東京国際空港(羽田空港)発大阪国際空港伊丹空港)行きの日本航空 123便,ボーイング747SR機が群馬県上野村の御巣鷹山南麓に墜落した事故。乗客 509人,乗員 15人の計 524人のうち 520人が死亡し,単独機の事故としては史上最大の死者を出した。事故機は午後6時12分に羽田空港を離陸,午後6時24分頃に大島―下田間の上空 7300mを巡行中に異常が発生。フライトレコーダの記録などによると,このとき垂直尾翼(→尾翼)の大部分と油圧装置のすべてが破断し,操縦機能がほぼ失われたとみられる。その後駿河湾から右に旋回し富士山北麓を通過,山梨県大月市や奥多摩の上空を経て,午後6時56分頃に御巣鷹山南麓に墜落。事故現場が急峻な山奥であり,また盛夏であったため,自衛隊,地元警察,消防団らの捜索救難活動は困難をきわめたが,少女を含む 4人の生存者が救出された。死者には歌手の坂本九,阪神タイガース社長の中埜肇(なかのはじむ)らが含まれた。1987年,運輸省の航空事故調査委員会が,機体後部の圧力隔壁の亀裂が原因とする報告書を公表。また報告書は,1978年に当該機が伊丹空港での着陸時に事故を起こしたのち,ボーイングが行なった修理の不備が,墜落事故につながったとした。事故後,毎年 8月12日に事故現場の「御巣鷹の尾根」で慰霊登山が行なわれ,麓の「慰霊の園」にて追悼式典が営まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日航ジャンボ機墜落事故の関連キーワードボーイング[会社]ダイアナ 湯川青木 日出雄山口 悠介山之井弓琳

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日航ジャンボ機墜落事故の関連情報