コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日進[市] にっしん

百科事典マイペディアの解説

日進[市]【にっしん】

愛知県中西部,尾張丘陵西部にある市。1994年市制。愛知用水の受益地で,名古屋市の近郊農村として野菜の栽培が盛ん。名鉄豊田線が通じ,名古屋市へ通勤者が多く,1960年代に急速に進められた宅地開発により,1990年から人口が急増した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にっしん【日進[市]】

愛知県中部の市。人口6万0311(1995)。1994年市制。尾張丘陵に位置し,西は名古屋市に接する。奈良・平安・鎌倉時代を通して日本有数の窯業生産地であった。南部を名鉄豊田新線が走り,南西部に国道153号線豊田西バイパス,北東部に東名高速道路が通じる。米作と野菜栽培を主体とする農業地域であったが,近年電気機器や輸送機器関係を中心として工業生産も伸びている。名古屋市のベッドタウンとして人口が急増している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android