コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

早雲寺 ソウウンジ

デジタル大辞泉プラスの解説

早雲寺

神奈川県足柄下郡箱根町にある寺院。1521年創建。臨済宗大徳寺派。本尊釈迦如来

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そううんじ【早雲寺】

神奈川県足柄下郡箱根町にある臨済宗大徳寺派の寺。山号は金湯山。北条氏綱が父早雲の菩提のため建立,父を開基,大徳寺の以天宗清を請じて開山とした。創建は1521年(大永1)といわれる。1542年(天文11)に勅願寺となる。北条氏からは永楽176貫余の寺領を与えられたが,90年(天正18)豊臣秀吉の小田原攻めの際,豊臣方の本陣とされた。大檀越北条氏の滅亡後は廃寺同様に衰微したが,1648年(慶安1)菊径存知が徳川家光の外護(げご)をえて,諸堂の再建に努力,旧観に復した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そううんじ【早雲寺】

神奈川県箱根町にある臨済宗大徳寺派の寺。山号、金湯山。1521年北条早雲の子氏綱が父の菩提を弔うため創建。開山は宗清以天。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早雲寺
そううんじ

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町湯本にある臨済(りんざい)宗大徳寺派の寺。金湯山(きんとうざん)と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1521年(大永1)小田原(おだわら)の北条早雲(宗瑞(そうずい))の遺命によってその子氏綱(うじつな)が、京都大徳寺から第83世以天宗清(いてんそうせい)を請じて開山とし、北条家の菩提(ぼだい)寺として建立した。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉の小田原攻めにあたって秀吉はこの寺を本陣とした。小田原城落城後は北条氏の外護(げご)を失って廃寺同様となったが、1648年(慶安1)徳川家光(いえみつ)から朱印状を与えられて復興された。寺内には早雲、氏綱、氏康(うじやす)、氏政(うじまさ)、氏直(うじなお)の小田原北条氏5代の墓、連歌(れんが)師宗祇(そうぎ)の墓と句碑がある。寺宝には北条早雲画像、織物張文台及硯箱(すずりばこ)1組(以上は国重要文化財)、北条氏綱・氏康画像(県指定文化財)などがある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

早雲寺の関連キーワード神奈川県足柄下郡箱根町湯本温泉(神奈川県)北条氏(後北条氏)早雲寺殿廿一箇条箱根湯本温泉今大路道三稲津祇空雪村周継北条早雲御通り石垣山菅沼家訓雪村

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

早雲寺の関連情報