早雲寺(読み)ソウウンジ

世界大百科事典 第2版の解説

そううんじ【早雲寺】

神奈川県足柄下郡箱根町にある臨済宗大徳寺派の寺。山号は金湯山。北条氏綱が父早雲の菩提のため建立,父を開基,大徳寺の以天宗清を請じて開山とした。創建は1521年(大永1)といわれる。1542年(天文11)に勅願寺となる。北条氏からは永楽176貫余の寺領を与えられたが,90年(天正18)豊臣秀吉の小田原攻めの際,豊臣方の本陣とされた。大檀越北条氏の滅亡後は廃寺同様に衰微したが,1648年(慶安1)菊径存知が徳川家光の外護(げご)をえて,諸堂の再建に努力,旧観に復した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そううんじ【早雲寺】

神奈川県箱根町にある臨済宗大徳寺派の寺。山号、金湯山。1521年北条早雲の子氏綱が父の菩提を弔うため創建。開山は宗清以天。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

早雲寺
そううんじ

神奈川県足柄下(あしがらしも)郡箱根町湯本にある臨済(りんざい)宗大徳寺派の寺。金湯山(きんとうざん)と号する。本尊は釈迦如来(しゃかにょらい)。1521年(大永1)小田原(おだわら)の北条早雲(宗瑞(そうずい))の遺命によってその子氏綱(うじつな)が、京都大徳寺から第83世以天宗清(いてんそうせい)を請じて開山とし、北条家の菩提(ぼだい)寺として建立した。1590年(天正18)豊臣(とよとみ)秀吉の小田原攻めにあたって秀吉はこの寺を本陣とした。小田原城落城後は北条氏の外護(げご)を失って廃寺同様となったが、1648年(慶安1)徳川家光(いえみつ)から朱印状を与えられて復興された。寺内には早雲、氏綱、氏康(うじやす)、氏政(うじまさ)、氏直(うじなお)の小田原北条氏5代の墓、連歌(れんが)師宗祇(そうぎ)の墓と句碑がある。寺宝には北条早雲画像、織物張文台及硯箱(すずりばこ)1組(以上は国重要文化財)、北条氏綱・氏康画像(県指定文化財)などがある。[菅沼 晃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android