コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい【晦】[漢字項目]

人名用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) [訓]つごもり くらい くらます
月の末日。「晦朔(かいさく)
月が出ず、暗い。「晦冥
よくわからない。「晦渋
人に知られない。くらます。「韜晦(とうかい)
[難読]晦日(みそか)

つ‐ごもり【×晦/晦日】

《「つきごも(月隠)り」の音変化。月が隠れて見えない意から》
月の最後の日。みそか。
陰暦で、月の下旬のほぼ10日間。
「富士の山を見れば、五月の―に、雪いと白う降れり」〈伊勢・九〉

つもごり【×晦/晦日】

つごもり」の音変化。
「こちゃ初午より―はどうせうやら、たんと払ひがある」〈洒・風流裸人形〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つもごり【晦】

「つごもり(晦)」の転。 「まづ今日は-でなし/浮世草子・禁短気」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

晦の関連キーワード朝菌は晦朔を知らず生け剥ぎ・生け剝ぎ息吹く・気吹く国つ神・地祇年越し蕎麦生き膚断ち死に膚断ち関又右衛門佐々木照元糞戸・屎戸同床異夢高井蘭山天の益人浮世草子天つ祝詞八百会ひ小晦日息吹く天降す樋放ち

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

晦の関連情報