木剣(読み)ぼっけん

精選版 日本国語大辞典「木剣」の解説

ぼっ‐けん ボク‥【木剣】

〘名〙 で作った太刀木太刀(きだち)木刀
※随筆・文会雑記(1782)二「徂徠の棺の中、春台の棺の中、皆木を入られしと也」 〔遼史‐刑法志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「木剣」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「木剣」の解説

【木剣】もくけん

木刀。〔雲谷雑記、二〕世官府從(すうじゆう)の持つ(かり)に木を以て之れを爲(つく)る。號して木劍と曰ふ。~東齊のに象劍を爲ると謂ふ。

字通「木」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android