快刀(読み)かいとう

精選版 日本国語大辞典「快刀」の解説

かい‐とう クヮイタウ【快刀】

〘名〙
① 気持よい程、よく切れる切れ味のすばらしい刀。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉七「菅先生の一件は恰も僕の為めに刀の一揮となったのである」 〔陸游‐酔題
船足の速い船のたとえ。
※江戸繁昌記(1832‐36)二「篙師を促して云ふ、日且(まさ)に暮れんとすと。一葉の快刀(〈注〉ハヤフネ)、に向て先を争ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「快刀」の解説

かい‐とう〔クワイタウ〕【快刀】

気持ちよく切れる刀。切れ味のすばらしい刀。
[類語]けんつるぎ刀剣太刀大刀たち大刀だいとう小刀しょうとう名刀宝刀軍刀牛刀日本刀青竜刀サーベル銃剣手裏剣真剣短刀懐刀ふところがたな懐剣脇差し小柄匕首あいくちどす人斬り包丁業物木刀木剣木太刀竹光長刀なぎなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「快刀」の解説

【快刀】かいとう(くわいたう)

切れ味のよい刀。李商隠〔行きて西郊に次(やど)る、一百韻〕詩 快刀其の頭を斷(き)り 列ねらるること、豬牛の懸けらるるに(に)たり

字通「快」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android