業物(読み)わざもの

精選版 日本国語大辞典「業物」の解説

わざ‐もの【業物】

〘名〙
名工が鍛えた切れ味のよい刀剣。利。利快刀業良(わざよし)
※浄瑠璃・嫗山姥(1712頃)一「只一刀に大の男、七つに切たるわざ物」
② 能で、一曲を特徴づけるようなわざのある曲。また、なすべきわざの多い曲。
※風姿花伝(1400‐02頃)二「木樵・汐汲の、わざ物などの翁形をしよせぬれば、やがて上手と申事、これ校(あやまりたる)批判なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「業物」の解説

わざ‐もの【業物】

名工の作った、切れ味のすぐれた刀。名刀。「正宗の鍛えた業物
[類語]けんつるぎ刀剣太刀大刀たち大刀だいとう小刀しょうとう名刀宝刀軍刀牛刀日本刀青竜刀サーベル銃剣手裏剣真剣短刀懐刀ふところがたな懐剣脇差し小柄匕首あいくちどす人斬り包丁快刀木刀木剣木太刀竹光長刀なぎなた

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android