コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

どす ドス

デジタル大辞泉の解説

どす[名]

《「おどす」の略か》
人を刺すための、短刀・匕首(あいくち)など、小型の刀。
人を恐れさせるような、すごみ。「どすの利いた

どす[接頭]

[接頭]多く色を表す形容詞に付いて、濁ったようなさまであることを表す。「どす黒い」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

どす

短刀。あいくち。
人を恐れさせるような気配。凄味すごみ。 「 -をきかせる」

どす

( 助動 ) ( ○ ・どし ・どす ・○ ・○ ・○ )
〔「でおす」の転。京都での言い方〕
丁寧の意を表す。 「そうどすえ」 → おす

どす

( 接頭 )
名詞・形容詞などに付いて、濁ったようなさまであることを表す。 「 -黒い」 「 -声」 「 -赤い」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

どすの関連キーワード晚・万・伴・判・挽・晩・板・番・盤・磐・蕃・蛮・蠻・輓磯の源太抱寝の長脇差愛知県田原市六連町飲む・呑む・吞む差し返す・差返すどすこい(安)綾羅木郷遺跡日本俠客伝与古田千晃西園寺公望田結荘千里月ノ木貝塚散る・別る花輪台貝塚どすこい。山中貞雄あらぽん夜臼遺跡柏崎桃子榊原政常

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

どすの関連情報