どす

精選版 日本国語大辞典「どす」の解説

どす

〘助動〙 京都方言。断定の助動詞の丁寧ないい方。「です」にあたる。「で」に、「ある」の丁寧ないい方「おす」の付いた「でおす」の変化したもの。福井、敦賀、滋賀の湖東地方、大阪府の淀川ぞいでも用いられる。江戸末期、明治初期の発生か。
※風流懺法(1907)〈高浜虚子〉一力「さうどす。これは一力ばっかりに限った事やおへん」

どす

〘名〙 (「おどす」の略か)
① 短刀や懐剣、あいくちのこと。
※浄瑠璃・双蝶蝶曲輪日記(1749)五「こりゃ何するのぢゃ、ほでてんがうひろぐと、汝等(うぬら)がどすの貧乏神」
② すごみ。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉四「どすのきいた太い

どす

〘接頭〙 多く、色を表わす形容詞の上に付いて、濁ったような状態であることを表わす。「どす黒い」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「どす」の解説

どす[接頭]

[接頭]多く色を表す形容詞に付いて、濁ったようなさまであることを表す。「どす黒い」

どす[名]

《「おどす」の略か》
人を刺すための、短刀・匕首(あいくち)など、小型の刀。
人を恐れさせるような、すごみ。「どすの利いた声」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android