木更津(市)(読み)きさらづ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

木更津(市)
きさらづ

千葉県南西部、小櫃川(おびつがわ)下流にあり東京湾に面する市。1942年(昭和17)木更津町と巌根(いわね)村、清川村、波岡(なみおか)村が合併して市制施行。1954年(昭和29)鎌足(かまたり)村、1955年金田村、中郷(なかごう)村、1971年富来田(ふくた)町を編入。日本武尊(やまとたけるのみこと)の東征に際して亡き妃弟橘媛(おとたちばなひめ)を恋う「君さらず袖(そで)しからみに立浪のその面影を見るぞ悲しき」の歌に地名の起源があると伝える。市の東部、南部は下総(しもうさ)台地の末端で、北部に小櫃川が流れて平野をなし、河口の東京湾には弧状三角州が大きく張り出していて、その部分のみが湾岸埋立地から取り残されている。JR内房(うちぼう)線、館山(たてやま)自動車道、国道16号・127号が走り、房総丘陵方面へはJR久留里線(くるりせん)、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、国道409号・410号が通じる。また神奈川県川崎市との間は圏央道から続く東京湾横断道路(アクアライン)で結ばれる(1997年開通)。東京湾横断道路の開通に伴い、川崎との間に就航していた東京湾横断フェリーボートは廃止された。木更津港は周辺地域の工業化に伴い1968年重要港湾に指定された。
 多くの貝塚や祇園大塚山古墳(ぎおんおおつかやまこふん)、金鈴塚古墳(きんれいづかこふん)などが発見されて、金鈴、大刀(たち)、馬具などの副葬品が出土し、また馬来田国造(まくたくにのみやつこ)が置かれたこととあわせて、開発の古さが知られる。1456年(康正2)武田信長が上総(かずさ)守護となって真里谷城(まりやつじょう)を築き、里見氏も勢力を伸ばしたが、江戸時代には幕府の直轄地となった。大坂冬の陣に際し木更津の船頭24名が活躍したので、幕府は上総・安房(あわ)の物資の江戸への独占的輸送権を与え、江戸橋筋にも船付場を設けて木更津船の往来を盛んにした。1912年(大正1)鉄道が開通すると、遠浅のために大型船の接岸ができなかった港は衰えた。1936年(昭和11)海軍航空隊が置かれ、同時に築港が完成してふたたび活気を取り戻した。第二次世界大戦後は陸上自衛隊が駐屯し、南部の埋立地に君津市にまたがって新日本製鉄(現、新日鉄住金)などの工場が進出した。住宅地開発も活発である。南部の君津市にまたがる丘陵地に、千葉県の新産業三角構想の一つで先端技術産業の研究開発拠点「かずさアカデミアパーク」が1987年造成開始された。小櫃川流域は米と野菜や畜産中心の農業地域をなし、海岸の干潟ではノリ養殖が盛んであるとともに、潮干狩り場として有名。太田山公園の「きみさらずタワー」からは木更津市内から東京湾横浜まで眺望できる。金鈴塚古墳出土品、上総井戸掘り用具(国指定重要有形民俗文化財)やノリ生産用具を展示した木更津市郷土博物館「金のすず」があり、市内に「切られ与三郎」の墓(光明寺)もある。また八幡神社の夏祭に奉納される県指定無形民俗文化財の「木更津ばやし」や出羽(でわ)三山信仰に起源をもつ梵天(ぼんてん)立て、證誠寺(しょうじょうじ)の「狸(たぬき)まつり」など年中行事も多彩である。面積138.95平方キロメートル、人口13万4141(2015)。[山村順次]
『『木更津郷土誌』(1952・木更津市) ▽『木更津市史』(1972・木更津市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

木更津(市)の関連情報