木更津[市](読み)きさらづ

百科事典マイペディア「木更津[市]」の解説

木更津[市]【きさらづ】

千葉県中部,東京湾岸の市。1942年市制。小櫃(おびつ)川下流域を占める。中心市街は中世以来の港町で,近世房総の貢米輸送を独占した木更津船往来繁栄。1936年の海軍航空隊設置後は軍都として発展,第2次世界大戦後は自衛隊基地がおかれている。近年木更津港を含む埋立工業地の造成が進み,電気機器,鉄鋼などの工場が立地し,京葉工業地域の一部をなす。内房線,久留里線,館山自動車道,圏央道が通じる。工業化が進んで木更津港は1968年重要港湾に指定され,1997年12月には川崎との間に自動車専用の東京湾アクアライン(15.1km)が開通した。狸囃子(たぬきばやし)の証誠寺,金鈴塚古墳がある。東日本大震災で,市内において被害が発生。138.95km2。12万9312人(2010)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「木更津[市]」の解説

きさらづ【木更津[市]】

千葉県中部,東京湾に面する市。1942年市制。人口12万3499(1995)。市の北部を流れる小櫃川三角州弥生~古墳時代の菅生遺跡や金鈴が出土した金鈴塚古墳大塚古墳などがあり,古代から対岸武蔵国に渡る船着場であった。中世は鎌倉街道基点で,近世には木更津船が江戸幕府から江戸と安房上総の渡船営業権を与えられ,江戸船町(,中央区日本橋)に木更津河岸を公認されていた。その起りは大坂冬の陣で木更津の水夫が徳川方に協力したための論功行賞という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android