コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木更津[市] きさらづ

百科事典マイペディアの解説

木更津[市]【きさらづ】

千葉県中部,東京湾岸の市。1942年市制。小櫃(おびつ)川下流域を占める。中心市街は中世以来の港町で,近世房総の貢米輸送を独占した木更津船往来で繁栄。1936年の海軍航空隊設置後は軍都として発展,第2次世界大戦後は自衛隊基地がおかれている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きさらづ【木更津[市]】

千葉県中部,東京湾に面する市。1942年市制。人口12万3499(1995)。市の北部を流れる小櫃川三角州に弥生~古墳時代菅生遺跡や金鈴が出土した金鈴塚古墳大塚古墳などがあり,古代から対岸武蔵国に渡る船着場であった。中世は鎌倉街道の基点で,近世には木更津船が江戸幕府から江戸と安房,上総の渡船営業権を与えられ,江戸船町(現,中央区日本橋)に木更津河岸を公認されていた。その起り大坂冬の陣で木更津の水夫が徳川方に協力したための論功行賞という。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

木更津[市]の関連キーワード京葉工業地域

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android