栃尾[市](読み)とちお

百科事典マイペディアの解説

栃尾[市]【とちお】

新潟県中部,刈谷田(かりやた)川上流,栃尾盆地の旧市。1954年市制。全国有数の豪雪地帯で,江戸時代から家内工業として発達した栃尾紬(つむぎ)の産地として知られ,第2次大戦後は人絹交織から化繊服地,ニット製品の生産に変わった。繊維工業は市の製造品出荷額の5割以上(2001)を占め,ほかに輸送用機器,電気機器工業も進出している。2006年1月三島郡寺泊町,与板町,和島村と長岡市へ編入。204.92km2。2万4719人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とちお【栃尾[市]】

新潟県中部に位置する市。1954年市制。人口2万6390(1995)。市域は守門(すもん)岳北西斜面と魚沼丘陵にまたがり,全国有数の豪雪地帯である。市街は信濃川の支流刈谷田(かりやだ)川と西谷川の合流部にあり,近世初期まで本庄氏が栃尾城に拠り,また長尾氏,堀氏支城があった。江戸時代は長岡藩に属し,代官所が置かれた。豪雪地栃尾郷の家内工業として寛政年間(1789‐1801)ころに興った縞紬は栃尾紬として知られ,明治末には工場生産に移行,栃尾はその集散地として発展した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android